• ホーム
  • 芸能
  • 日本eスポーツに不可欠な「国の支援」 専門家ら訴え

日本eスポーツに不可欠な「国の支援」 専門家ら訴え

今年2月「日本eスポーツ連合(JeSU)」が発足し、一気に日本のeスポーツ界が騒がしくなってきている。ここ数ヶ月は従来のプレイヤーに加え、芸能界やメディアからの参入表明も後を絶たない。しかし、選手への賞金の問題や、日本オリンピック委員会(JOC)がJeSUの加盟に慎重な姿勢を示すなど、スポーツ産業・興行として成り立つにはまだいくつものハードルを越えなければならないのが現状だ。13日、立命館大学の東京キャンパスで『2018 日本eスポーツ元年 -日本国内でeスポーツを加速させるためには-』と題したプレスセミナーが開催された。同大学の映像学部・中村彰憲教授らが各国におけるeスポーツの取り組みを改めて解説し、日本のeスポーツの未来には国・行政の支援が不可欠と訴えた。

●アメリ...

この記事の画像

  • 立命館大学 映像学部・中村彰憲教授 (C)ORICON NewS inc.
  • 立命館大学 法学部・宮脇正晴教授 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス