アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • ウィッグを忘れて髪の毛をカットしたことも?「コスプレの思い出は宝物」

ウィッグを忘れて髪の毛をカットしたことも?「コスプレの思い出は宝物」

 気温30度を超える猛暑日にも関わらず、開場前から長蛇の列を作っていた『ガタケット158』。新潟市産業振興センターで行われた本イベントは今回で158回目を数え、県内はもちろん隣県近県からも多くの同人誌愛好家が集まる。また、このイベントはコスプレイヤーも多数参加することでも有名で、好きなキャラクターの衣装をまとったレイヤーと、その姿を一人でも多く押さえようとカメラマンも集結する。

 『初音ミク』に扮していたレイヤー・ひなたさんは、秋田県から来た県外組で、ガタケットは今回が初参加。好きなイラストレーターさんがコスプレをしていて、そのツイッターを見たのがきっかけで始めたとか。

 「やっぱり好きなキャラクターになれるのが一番楽しい。でもやり始めた頃はいろいろ失敗もしてきましたね」と話すひなたさん。前に『おそ松さん』のコスプレをした時にウイッグを忘れてしまって、その場で髪を切って乗り切ったこともあるそう。「その時は地毛が短かったから何とかなったんですけど、マジで焦りました」と笑顔。「そんな失敗も今では思い出です(笑)」と元気いっぱいに話してくれた。



オリコントピックス