• ホーム
  • 芸能
  • 落語家 立川志の春によるオモシロ作りの為の実験の場『志の春サーカス vol.1』明日7日、中目黒にて開催

落語家 立川志の春によるオモシロ作りの為の実験の場『志の春サーカス vol.1』明日7日、中目黒にて開催

 若手の中で勢いのある落語家の一人立川志の春による新たな企画。題して、『志の春サーカス』。落語を中心に、多種多様なアーティストを招いてトークショー、ミュージカル、ストレートプレイまで、毎回何が飛び出すか分からない、客席でお客様がドキドキするような演目を実施する予定。

 『志の春サーカス vol.1』は、6月7日(木)東京・中目黒TRYにて開催。今回のテーマは、将棋。村田英雄の「王将」でも唄われた阪田三吉の人生について、大阪生まれの立川志の春が大阪弁で語りおろす。チケットは残りわずか。当日券販売も実施なので、これまでの落語家「立川志の春」を観たことがある方も、落語を聞いたことがない方も、この機会にぜひ会場で生の“笑い”に触れてみてはいかがでしょうか。「ローチケ演劇宣言」では立川志の春のインタビューも掲載中。

開催日時:6月7日(木) 19:30開演(19:00開場)
場所:東京・中目黒TRY
(東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅南口改札から徒歩2分)
チケット料金:3,000円(税込、1ドリンク付) ※当日券販売有り

詳細情報はコチラ
立川志の春のインタビューはコチラ


タグ

オリコントピックス