• ホーム
  • 芸能
  • 【ニコニコ超会議】『Fate』玉藻の前に扮していたレイヤー「ナイスバディを再現するのが大変」

【ニコニコ超会議】『Fate』玉藻の前に扮していたレイヤー「ナイスバディを再現するのが大変」

 多くのギャラリーで溢れたGW前半の一大イベント『ニコニコ超会議2018』。12年の第一回以来、過去最大の来場者数を記録した今回、参加していた多くのコスプレイヤーにこだわりの衣装について話を聞いた。

 『Fate』の玉藻の前に扮していたレイヤーの志麻遊さん。青を基調とした着物にモフモフのしっぽ&耳がゴージャスなキャラクターを演出。

「玉藻の前はナイスバディなんで、ドンキとかにパーティーグッズで売っているプラスチック製の胸パットを着用して、巨乳感を演出してみました」

 そう話すように、創意工夫で原作キャラに近づける。その過程こそ、コスプレイヤーにとって至福の瞬間なのだろう。



タグ

オリコントピックス