• ホーム
  • 芸能
  • ローラ、所属事務所との和解を報告「よく話し合いました」

ローラ、所属事務所との和解を報告「よく話し合いました」

 所属事務所・LIBERA(リベラ)との契約トラブルや独立騒動が報じられていたモデルでタレントのローラ(28)が27日、自身のインスタグラムを更新し、LIBERAと和解したことを報告した。

 ローラは、昨年8月に所属事務所との契約トラブルが表面化。その後「新事務所設立」などの独立問題が報じられ、昨年11月末に「諸事情により」ファンクラブも一時休止するなどしていた。今年3月には『女性自身』が、ローラに直撃し、和解したことを伝えていたが、きょう自身の口から“和解”を直接報告した。

 この日、ローラは自身のインスタグラムを通じて「みなさまにご報告があります」と切り出すと「今回LIBERAとよく話し合い和解をしました」と発表。「今後、海外ではWMEそしてIMGというエージェントと契約する事になりました」といい「これからも沢山の夢を追いかけて頑張ろうと思います。今後ともよろしくお願いします」とメッセージした。

 ローラは16歳でモデルデビュー。ハーフモデルとしてあらゆるファッション誌のカバーを飾り、バラエティー番組などでも活躍。映画『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』の女戦士役に抜てきされ、ハリウッド映画デビューも果たした。現在も各社のCMキャラクターなどを務めている。



オリコントピックス