• ホーム
  • 芸能
  • 「時代の空気感を大切に」井上由美子が語る、脚本作りのこだわり

「時代の空気感を大切に」井上由美子が語る、脚本作りのこだわり

脚本家の井上由美子氏によるオリジナル作品『BG 〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系)は、武器を持たない民間ボディガードが、クライアントを丸腰で守り抜く姿を描く人間ドラマ。毎回の豪華ゲストも含めて話題となり、まさに終盤での盛り上がりを見せている。木村拓哉の新たな表情が見える役どころもみどころだ。井上氏に、本作に込めたこだわり、また脚本家としての自身のスタイルなどについて聞いた。

◆現代的な...

この記事の画像

  • テレビ朝日系『BG 〜身辺警護人〜』第8話より(3月8日放送)
  • テレビ朝日系『BG 〜身辺警護人〜』第8話より(3月8日放送)
  • テレビ朝日系『BG 〜身辺警護人〜』の脚本を務めた、井上由美子氏 (C)oricon ME inc.
  • テレビ朝日系『BG 〜身辺警護人〜』第8話より(3月8日放送)
  • テレビ朝日系『BG 〜身辺警護人〜』第8話より(3月8日放送)

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年6月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年6月11日号

<COVER STORY>
西村真里子氏(HEART CATCH 代表取締役)
これからの時代、ライバル同士がタッグを組むなど
“突破力”のあるアクションが求められる

<SPECIAL ISSUE>
ライブエンタテインメントの10年後
ORICON LIVE STUDY with ACPC Vol.12

お問い合わせ

オリコントピックス