アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • M!LK・佐野勇斗、映画『走れ!T校バスケット部』出演「必死に練習しました」

M!LK・佐野勇斗、映画『走れ!T校バスケット部』出演「必死に練習しました」

 5人組ボーカルダンスグループ・M!LK佐野勇斗(19)が、バスケットボールを題材とした松崎洋氏の青春小説を実写化する映画『走れ!T校バスケット部』(古澤健監督 今秋公開)に出演していることが28日、発表された。“3ポイントシュートの名手”という高いスキルが必要とされる役柄を演じるため、主演の志尊淳(22)と同様、撮影前に元日本代表の半田圭史氏の猛特訓を受け、技術を習得した。

 同作は、バスケの強豪・白瑞高校をいじめにより自主退学し、通称“T校”と呼ばれる多田野高校に編入した主人公・田所陽一(志尊)が、個性的なチームメイトと出会い、仲間とバスケする楽しさを思い出していくというストーリー。

 俳優としても活躍する佐野は、TBS系連続ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』で注目を浴び、映画『ミックス。』、現在放送中の日本テレビ系連続ドラマ『トドメの接吻』をはじめ、映画『3D彼女 リアルガール』、『ちはやふる -結び-』、『羊と鋼の森』の出演が決定している。

 演じるのは、個性豊かなT校バスケ部をまとめるキャプテン・矢島俊介。圧倒的な才能を持つ田所にライバル心を抱きながらも、共に苦難を乗り越え、最も理解し合える仲間へと変化していく。

 佐野自身は書道6段・空手1級と多彩な才能の持ち主で、サッカー経験者ということもあり、運動神経は抜群。これまで映画『ミックス。』では卓球、『ちはやふる -結び-』では競技かるたに挑んできたが、今回はバスケットボールに初挑戦し、「すごく苦戦しました。。。最初はパスをうけるのも難しかったですが、実際にバスケットをやっている人達からも認めてもらえるように、必死に練習しました! この映画は僕たちがリアルに挑戦したバスケットが見どころです!!」とアピールした。



オリコントピックス