アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • ディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』アニー賞、最多11部門獲得

ディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』アニー賞、最多11部門獲得

 ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が、日本時間4日に米国で開催された『第45回アニー賞』を席巻。最多11部門(長編アニメーション賞・監督賞・脚本賞・編集賞・視覚効果賞・音楽賞・キャラクターアニメーション賞・美術賞・キャラクターデザイン賞・絵コンテ賞・ボイスキャスト賞)で受賞した。

 1月発表のゴールデン・グローブ賞をはじめ、数々の映画賞を受賞しており、その数なんと60を突破。アニメーション界のアカデミー賞と言われるアニー賞も“完全制覇”し、残すはアカデミー賞(授賞式は日本時間の3月5日)のみとなった。

 『トイ・ストーリー3』(2010年)を手掛け、すでにオスカーを手にしているピクサーきってのヒットメーカー、リー・アンクリッチ監督による本作。陽気でカラフルな“死者の国”に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲルが、元の世界に戻るため、ガイコツのヘクターと大冒険を繰り広げる。やがて二人がたどり着くのは、ミゲルの家族の驚くべき“秘密”。すべての謎を解く鍵は、今は亡き伝説のスター、エルネスト・デラクルスが歌う「リメンバー・ミー」に隠されていた。時を越えて家族をつなぐ奇跡の歌と、何世代もつながっていく家族の絆を描く物語。

 昨年11月に全米公開され、作品にゆかりのあるメキシコでは歴代興収1位を記録。中国でも日本円にして200億円以上のヒットとなった。先月公開された、英国でも初登場1位を獲得するなど、各国で快進撃を見せ、全世界興収は750億円を突破する大ヒットとなっている(2月4日時点、1ドル=110円換算、BOXOFFICE MOJO調べ)。

 日本でも3月の公開を前に、ディズニー/ピクサー作品としては『トイ・ストーリー3』以来となる、文部科学省特別選定も獲得。今月下旬にはアンクリッチ監督が来日することも決定している。『リメンバー・ミー』は3月16日公開。『アナと雪の女王/家族の思い出』を同時上映。



関連写真

  • ディズニー/ピクサーの長編アニメーション最新作『リメンバー・ミー』(3月16日公開)アニメーション界のアカデミー賞と言われる『第45回アニー賞』最多11部門受賞(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
  • 『アナと雪の女王/家族の思い出』を同時上映(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オリコントピックス