• ホーム
  • 音楽
  • 「ブラバン!甲子園」ライブ、“聖地”関西で初開催 強豪校が一堂に

「ブラバン!甲子園」ライブ、“聖地”関西で初開催 強豪校が一堂に

 人気のCDシリーズ「ブラバン!甲子園」の名を冠したコンサート『ブラバン!甲子園ライブ 〜関西編〜』が4月22日に大阪・フェスティバルホールで開催されることが決定した。昨年4月に第1弾が東京・NHKホールで開催されたが、第2弾の今回は関西圏2府3県の野球&ブラバン強豪校の吹奏楽部が一堂に会する。

 出演は関西2府3県、天理(奈良)、龍谷大平安(京都)、智弁学園(奈良)、智弁学園和歌山(和歌山)、大阪桐蔭(大阪)、尼崎市立尼崎(兵庫)と計6校の吹奏楽部。

 天理は誰もが聴いたことがある「ファンファーレ」「ワッショイ」を擁する国内屈指の吹奏楽名門校。智弁和歌山は野球ブラバン応援曲でもっとも人気の高い「アフリカン・シンフォニー」を知らしめ、演奏されると必ず得点につながると言われる魔曲「ジョックロック」を持つ。

 「三番」「天舞」などのオリジナル曲を持ち、「君の瞳に恋してる」も人気が高い智弁学園。野球応援曲の中でも人気が高いオリジナル応援曲「通称、怪しいボレロ」の龍谷大平安は、高校野球全国最多出場の記録を持つ野球名門校でもある。

 他校が昭和歌謡や懐かしアニメ曲といった定番応援曲の演奏が多い中、最新のヒット曲や話題の曲を次々に取り入れ、アルプススタンドで美しくかつ圧巻の演奏を聴かせる大阪桐蔭。吹奏楽コンクールの全国大会常連校でもあり、今回も160人を超える最多人数で出場予定だ。沖縄代表の友情応援演奏として20年以上、甲子園連続出場を果たしてきた市立尼崎は、おなじみ「ハイサイおじさん」で会場を盛り上げる。

 コンサートでは、最強応援曲と言われる「アフリカン・シンフォニー」を400人超となる出場校全部員で大合奏する企画も予定。出場校の吹奏楽部員も「フェスティバルホールでも甲子園で応援している気持ちで元気一杯のステージにしたいと思います」(天理高2年 香村信さん)、「アルプススタンドの熱さを会場のお客さんに届けたいと思います。他の出場校のみなさんとは、普段交流する機会がないため、たくさん刺激を受けたいです」(大阪桐蔭高2年 前田梨緒さん)と、ステージに向けて気合いを込めている。

■『ブラバン!甲子園ライブ 〜関西編〜』公演概要
日時:4月22日(日)午後3時開場/午後4時開演
会場:大阪・フェスティバルホール
出場校(50音順):
尼崎市立尼崎高等学校、大阪桐蔭高等学校、天理高等学校、智弁学園高等学校、
智弁学園和歌山高等学校、龍谷大学付属平安高等学校
MC:梅津有希子(高校野球ブラバン応援研究家)、いけだてつや(高校野球大好き芸人)
<ブラバン!甲子園ライブ/公式サイト>
https://brabanlive.jp/



関連写真

  • ブラバン甲子園LIVE関西編が4月22日に開催
  • 大阪桐蔭高校
  • 天理高校

オリコントピックス