• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • チャド・マレーン、ウーマン村本の風刺漫才に感じた可能性「もっと遊びができる」

チャド・マレーン、ウーマン村本の風刺漫才に感じた可能性「もっと遊びができる」

「茂木健一郎さんが『日本のお笑いはオワコンだ』と言った時、本当に『何を言うてんねやろう?』って思いました。僕は日本のお笑いはオワコンじゃないし、最も海外でウケるジャンルだと思っています。その魅力に気付いてほしいなっていう、ハッピーな気持ちでこの本を書きました」。1998年にNSC(吉本総合芸能学院)大阪校21期生として入学して以降、オーストラリア人の漫才師・チャド・マレーンは日本の笑いにどっぷり浸かりながら、その魅力を字幕・翻訳などを通して海外へも発信してきた。そんな、濃密な体験をまとめた新書『世にも奇妙なニッポンのお笑い』(NHK出版新書)を出版したチャドに、日本の笑いの特徴を聞いた。

■風刺ネタは...

この記事の画像

  • ウーマン村本の風刺漫才への期待を語ったチャド・マレーン (C)ORICON NewS inc.
  • 新書『世にも奇妙なニッポンのお笑い』(NHK出版新書)を出版したチャド・マレーン (C)ORICON NewS inc.
  • 新書『世にも奇妙なニッポンのお笑い』(NHK出版新書)を出版したチャド・マレーン (C)ORICON NewS inc.
  • 新書『世にも奇妙なニッポンのお笑い』(NHK出版新書)を出版したチャド・マレーン (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索