田口淳之介、初ワンマンツアー幕開け オリラジ中田と「PERFECT HUMAN」

初のワンマンツアーをスタートさせた田口 淳之介 Photo by 冨田実布

初のワンマンツアーをスタートさせた田口 淳之介 Photo by 冨田実布

写真ページを見る

 歌手の田口 淳之介が24日、愛知・Zepp Nagoyaで自身初のワンマンライブツアー『JUNNOSUKE TAGUCHI LIVE TOUR 2018 DIMENSIONS』をスタートさせた。

【写真】その他の写真を見る


 1stアルバム『DIMENSIONS』(昨年9月発売)を引っさげたツアーは、定刻の午後7時、「DIMENSION」で幕開け。メインステージに加え、センターステージ、上下の花道と、どの角度からも等距離で見ることができるステージが組まれ、ファンは田口のパフォーマンスや抜群のスタイル、長い手足の動きまでを堪能した。

 バックダンサーの「Moments」は全員10代の4人で構成。既にダンス歴14年という新世代ダンサーたちも田口が求める「魅せるパフォーマンス」に一役買った。

 中盤には、初日公演を観覧していたオリエンタルラジオ中田敦彦をステージ上に呼び上げる一幕も。ダンサーも含めて全員でRADIO FISHの「PERFECT HUMAN」を披露することになり、会場は大盛り上がり。名古屋は午後から雪が降る寒さだったが、それを忘れさせるほどの熱気に包まれた。

 ツアーは2月1日に大阪・Zepp Osaka Bayside、2月2日に福岡・スカラエスパシオ公演が行われ、2月8日に東京・Zepp Tokyoでファイナルを迎える。

関連写真

  • 初のワンマンツアーをスタートさせた田口 淳之介 Photo by 冨田実布
  • 2時間にわたるステージを披露した田口 淳之介 Photo by 冨田実布
  • オリエンタルラジオ中田敦彦と「PERFECT HUMAN」をコラボで披露 Photo by 冨田実布
  • 初日公演を観に来ていた中田敦彦をステージに呼び握手 Photo by 冨田実布
  • 田口 淳之介の1stアルバム『DIMENSIONS

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索