アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 東山紀之、関ジャニ丸山と舞台初共演 マッシュルームカットの童話作家役

東山紀之、関ジャニ丸山と舞台初共演 マッシュルームカットの童話作家役

 俳優の東山紀之が、4月上旬より東京・グローブ座で上演される関ジャニ∞丸山隆平の主演舞台『泥棒役者』に出演することがわかった。東山は昨年公開された映画版で市村正親が演じた泥棒・はじめ(丸山)に侵入される家の主で童話作家・前園役に決定。2人が役者として共演するのは初めてのことで、東山は映画版のビジュアルと同じくマッシュルームカットの独特なスタイルで出演する。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『とと姉ちゃん』脚本で知られる西田征史氏が作・演出を手掛けた舞台作品であり、昨年には丸山を主演に迎えた映画版として西田氏がリライト、自ら監督を務めた。愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターたち、テンポの良い会話劇、そして偶然と勘違いから繰り広げられる抱腹絶倒のコメディーとなっている。

 大先輩とのタッグに丸山は「東山さんの舞台を拝見させて頂いた時にいつも感じる圧倒的な存在感と、アイドルの歴史をけん引している背中を観てきていますので、初共演させていただけることを聞いてワクワクしております」と期待に胸をおどらせる。「今回は映画の舞台化という事もありますので、東山さんが演じられる新たな前園俊太郎との稽古が今からとても楽しみで仕方ありません」と待ちきれない様子。

 一方、市村が演じた役と聞いた東山は「想定外です」と意外だったそう。「人生の『きっかけ』や『巡り巡って』、という言葉が浮かんできましたが、僕がこの作品で前園役を演じることも、縁なのだと思います。丸もぴったりな役だと思っています。丸と組ませてもらうのは、今回初めてなのですが、とても良い評判が聞こえてきますし、何より僕は、丸の人間性の良さに惹かれています」と好印象。「共演したら丸と同じくらい良い人になれるかな(笑)」と楽しみにしていた。



関連写真

  • 舞台『泥棒役者』に東山紀之が出演
  • 舞台『泥棒役者』の作・演出を務める西田征史

オリコントピックス