アニメ&ゲーム カテゴリ

映画もテーマパークも「ミニオン」大活躍

 今夏、興行収入73億円を突破する大ヒットを記録したアニメーション映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』のキャラクター・ミニオンが20日、東京・六本木のオリコンにやって来た。今月6日に発売された同映画のBlu-ray&DVDは週間Blu-rayランキングで初登場第1位を獲得。ここ数年で、いつの間にか人気が定着していたミニオン。今年は、大阪のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに「ミニオン・パーク」がオープンしたり、プロ野球12球団とコラボレーションしたり、ミニオン人気を象徴するさまざまな現象が見られた。

【写真】その他の写真を見る


 発祥は、2010年に公開された米ユニバーサル/イルミネーション製作の3Dアニメーション映画『怪盗グルーの月泥棒』だった。怪盗グルーの仲間として、バナナが大好物の謎の黄色い生物・ミニオンが大量発生。やる事すべてが奇想天外で破壊的で斬新だった。新参者ながら、当時、大ブレイクしていた子役の芦田愛菜や笑福亭鶴瓶が吹き替え声優に起用されたことも話題になり、興収12億円と健闘する。

 その後、第2弾『怪盗グルーのミニオン危機一発』(13年)で25億円まで伸ばすと、ミニオンたちが主人公になった『ミニオンズ』(15年)は52.1億円の大ヒットとなり、作品ごとに数字を倍へと伸ばしてきた。

 映画キャラクターを超える存在となるきっかけは、携帯ゲームアプリ『怪盗グルーのミニオンラッシュ』の大ヒット。そして、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの“ミニオン化”だ。15年3月に新エリア「ミニオン・プラザ」が誕生。その年のハロウィーン・イベントでミニオンに限定した仮装パーティーに2000人が集まり大成功を収めると、パーク内でのミニオン仮装は日常化。今年4月の「ミニオン・パーク」オープンで完全にUSJの“顔”となった。ライドアトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」の体験者数はオープンからわずか2ヶ月で100万人を突破する人気ぶり。大みそかの『ユニバーサル・カウントダウン・パーティ2018』もミニオンたちと一緒に大騒ぎしようという趣向だ。

 ミニオンたちが再び大活躍する『ミニオンズ2(仮題)』は2020年7月公開予定となっており、作品ごとに、イベントごとに、ミニオン人気はますます加速しそうだ。



関連写真

  • 映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』が大ヒットしたミニオン(左から)ケビン、スチュアート (C)ORICON NewS inc.
  • Blu-rayなら、いたるところで大活躍するミニオンのシーンを繰り返し、何度でも楽しめる(C)2016 Universal Studios. All Rights Reserved.wS inc.
  • タイホされても囚人服姿がキュート! (C)2016 Universal Studios. All Rights Reserved.wS inc.
  • 映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』Blu-ray(発売中)悪党バルタザールとグルーの超絶アイデア満載の決闘シーンにワクワク (C)2016 Universal Studios. All Rights Reserved.wS inc.

オリコントピックス