【紅白】Hey! Say! JUMP、初出場決定「10周年の大きなプレゼント」

 大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45)の出場歌手が16日、発表され、男性9人組アイドルグループ、Hey! Say! JUMPの初出場が決まった。2日前の今月14日にCDデビュー10周年の記念日を迎えた彼ら。発表会見で山田涼介(24)は「10周年の締めくくりに支えてくれたファンに大きいプレゼントができた。すてきなパフォーマンスをして、Hey! Say! JUMPを知っていただき、紅白に華を添えられたら」と喜びを語った。

【写真】この記事の写真を見る(全3枚)


 有岡大貴(26)、高木雄也(27)、伊野尾慧(27)、八乙女光(26)、薮宏太(27)、山田、知念侑李(23)、中島裕翔(24)、岡本圭人(24)のメンバー全員、黒のスーツ姿で登壇。

 山田と知念は、NYCとして2009年の第60回から12年の第63回まで出場経験があり、2度目の“初出場会見”となった。知念は「NYCで初出場した時は、なんで僕たち出られたのかな、という思いもあったけれど、Hey! Say! JUMPとして10年やってきて、いろいろな舞台を経験してきたので、以前よりは少し自信をもって紅白の舞台に立てそう。堂々とパフォーマンスしたい」と、意気込んだ。

 伊野尾は「デビュー曲の『Ultra Music Power』の振り付けをしてもらったのが、NHKのリハーサル室だった」と、感慨深げ。関ジャニ∞Sexy ZoneTOKIOら、ジャニーズ事務所の先輩たちとの“紅白初共演”も「楽しみ」と、期待を寄せていた。

 同グループの名前は、メンバーが全員平成生まれであることから、「平成」と「Hey! Say!」をかけ、「平成の時代を高くジャンプしていく」という意味がこめられている。ちなみに、岡本の父親は、男闘呼組のメンバーとして『紅白』に2回出場歴(第39回、第40回)のある岡本健一。知念の父親は元体操選手で、バルセロナオリンピックの団体総合銅メダル獲得時の日本チーム主将・知念孝さん。

 今年の『NHK紅白歌合戦』には紅組4組、白組6組の初出場を含む46組が出場。総合司会は内村光良とNHKの桑子真帆アナウンサー、紅組は2年連続2回目の有村架純、白組は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。

この記事の画像

ニュース一覧へ戻る

この記事のコメント

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

公式