• ホーム
  • 映画
  • 大谷亮平、小出恵介降板映画に代役出演 2018年初夏公開へ

大谷亮平、小出恵介降板映画に代役出演 2018年初夏公開へ

未成年女性との飲酒や不適切な関係により無期限活動停止中の俳優・小出恵介(33)が降板した映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(李闘士男監督)の代役を、大谷亮平(37)が務めることが13日、わかった。大谷以外は同キャスト、同スタッフで今冬に必要部分を再撮影し、2018年初夏の公開が決定した。

同作の原作は、2010年にYahoo!知恵袋で話題になった“伝説の投稿”。榮倉...

この記事の画像

  • 小出恵介の代役を務めることになった大谷亮平
  • 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』は2018年初夏公開 (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
  • 『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』場面写真 (C)2017「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会

オリコントピックス