• ホーム
  • 映画
  • 綾瀬はるか&坂口健太郎の切ない“恋の障害”が発覚 『今夜、ロマンス劇場で』予告解禁

綾瀬はるか&坂口健太郎の切ない“恋の障害”が発覚 『今夜、ロマンス劇場で』予告解禁

 女優の綾瀬はるかと、俳優の坂口健太郎が共演する映画『今夜、ロマンス劇場で』(武内英樹監督)の公開日が2018年2月10日に決定。あわせて、本予告映像と本ポスターが解禁され、綾瀬演じるモノクロのお姫様・美雪の抱える“秘密”が明らかになった。

 完全オリジナル作品である同作は、映画監督を夢見る青年・健司(坂口)と、彼が長年憧れ続けた、スクリーンの中のお姫様・美雪(綾瀬)の恋を描くラブストーリー。

 映画のヒロインへの恋というかなわぬ想いに身を焦がす健司の前に、スクリーンの中から突如現れたモノクロ姿の美雪。その姿のままではまずいと健司が勧めたメイクとファッションを身にまとい、色のある現実世界に心を躍らせる。

 出会うはずのなかった2人が、現実世界を楽しみながら次第に引かれ合う中で、美雪が打ち明けた“ある秘密”――それは“人のぬくもりに触れてしまうと消えてしまう”ということだった。逢いたい気持ちが奇跡を起こし、心を通わせる美雪と健司に“好きだけど触れられない”という障害が立ちはだかる。

 主題歌は、シェネルが歌う「奇跡」に決定。同作のために書き下ろした本曲は、美雪と健司の「かなわない恋だけれど、一緒にいたい」という気持ちが真っ直ぐに伝わる切ない歌詞とメロディーに仕上がっている。

 綾瀬は「物語と美雪や健司の思いをより感じて頂けるすてきな楽曲で感謝しています。映像にのせて聴くのがとても楽しみです」とコメント。坂口も「ゆったりと優しい。そして力強い歌声で、台本を読んだ瞬間の感動と撮影をしていた時の健司の気持ちを思い出しました。この曲を聴くとすぐにこの映画を想像できる。そんな音楽だと思います。シェネルさんありがとうございました」と感謝。

 シェネルは「人の出逢いは奇跡であり、それは運命でもある、そんな普遍的なテーマを歌った主題歌「奇跡」を映画と共に楽しんでいただけますとうれしいです」とコメントを寄せた。 

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 『今夜、ロマンス劇場で』本予告映像&ポスタービジュアルが解禁 (C)2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
  • 主題歌を歌うシェネル

オリコントピックス