• ホーム
  • 芸能
  • 吉本興業、沖縄初の認可校設立 “入試なし”のエンタメ総合専門学校

吉本興業、沖縄初の認可校設立 “入試なし”のエンタメ総合専門学校

 吉本興業は5日、都内の同社で会見を行い、2018年4月に沖縄・那覇市にエンターテインメント総合専門学校「沖縄ラフ&ピース専門学校」(2学科4コース)を開校することを発表した。認可校としては沖縄初となり、「あそぶように楽しく学ぶ」をテーマに沖縄から世界へ通じる人材の育成を目指す。

【写真】その他の写真を見る


 入学資格は、以下のうち1項目を満たしている者。高等学校卒業(卒業見込みを含む)以上の者、文部科学省高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者(合格見込みを含む)、専修学校高等課程(大学入学資格付与校3年過程)卒業者(卒業見込みを含む)、高等専門学校の3年以上の修了者(修了見込みを含む)、外国において学校教育12年以上の課程を修了した者、文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして、認定した在外教育施設の当該課程を修了した者。入学願書受付は10月5日より開始した。

 入学には試験なし、手続きは所定の入学願書に名前を書くだけというシンプルな方法が紹介された。同校には2年制のクリエイティブ学科(募集定員40名)、同じく2年制のパフォーミングアーツ学科(募集定員40名)の2学科を設置。初年次の学費は入学金と諸費用合わせて100万円、2年次は授業料などと諸費用を合わせ90万円、奨学金も検討しているという。

 マンガコース、CG・アニメコースのあるクリエイティブ学科では、クリエイティブ学科では、世界50ケ国以上でせりふの入らない漫画「サイレントマンガ」を展開する「コアミックス」の堀江信彦氏や、芥川賞受賞作『火花』をNetflixでドラマ化した古賀俊輔氏らが講師を務める。

 パフォーマーコース、プロダクションコースのあるパフォーミングアーツ学科では、ブロードウェイ・トニー賞を3度受賞した世界的ダンサーのヒントン・バトル氏や、海外ドラマ『HERO』で知られ、プロデューサーとしても活躍するマシ・オカ氏らが講師を務める。

 一般教養の科目では、庭園デザイナー・石原和幸氏によるデザインワークショップ、語学や歴史伝統文化芸能、ビジネス、IT、アートを吉本芸人を交え、“遊びながら学ぶ”授業を実施する。

 会見には、講師陣や学校法人ラフ&ピース 理事長の水谷暢宏氏、沖縄ラフ&ピース専門学校 校長の竹田和夫氏、同事務局の上田泰三氏、河内俊昭氏、芸人のジミー大西陣内智則が出席。司会はガレッジセールが務めた。ジミーは「僕1期生で行こうかなと思っている。漫画家コースで学んでみたい」と意気込んでいた。



関連写真

  • 吉本興業が沖縄・那覇市にエンターテインメント総合専門学校「沖縄ラフ&ピース専門学校」を開校 (C)ORICON NewS inc.
  • 入学には試験なし (C)ORICON NewS inc.
  • 吉本興業「沖縄ラフ&ピース専門学校」の概要発表会見に出席したジミー大西 (C)ORICON NewS inc.
  • 吉本興業「沖縄ラフ&ピース専門学校」の概要発表会見に出席した陣内智則 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス