• ホーム
  • 芸能
  • 夏木マリ、10年ぶり映画主演 東日本大震災後の家族の物語『生きる街』

夏木マリ、10年ぶり映画主演 東日本大震災後の家族の物語『生きる街』

女優・歌手の夏木マリ(65)が2018年春公開予定の映画『生きる街』で、『髪がかり』(2008年)以来10年ぶりとなる映画主演を飾ることが15日、明らかになった。日本映画初出演となる韓国のロックバンド・CNBLUEのギター&ボーカル、イ・ジョンヒョンを共演に迎え、宮城・石巻市を舞台に東日本大震災後の家族の物語を描く。

自らが生まれ育った海沿いの町で、漁師の夫、2人の子どもと幸せに過ごしていた佐藤千恵子(夏木)の暮らしは、2011年3月11日を境に一変。夫はあの日から帰ってこず、千恵...

この記事の画像

  • 映画『生きる街』で10年ぶりの映画主演を果たす夏木マリ
  • 映画『生きる街』に出演するCNBLUEのイ・ジョンヒョン

オリコントピックス