• ホーム
  • 芸能
  • 大杉漣、『バイプレイヤーズ』続編があるなら違うアプローチで

大杉漣、『バイプレイヤーズ』続編があるなら違うアプローチで

誰もがその名前を知る強面のベテラン脇役俳優6人が“役作りのためにシェアハウスで共同生活する”というエキセントリックな設定で、ドラマ制作裏側の脇役の悲哀をおもしろおかしく描いた人気ドラマ『バイプレイヤーズ』(テレビ東京系)が惜しまれながら最終回を迎えた。同番組のメインキャストであり、昨今の“バイプレイヤー”ブームの中心人物である大杉漣が、その撮影現場の様子と期待が高まっている続編について語ってくれた。

◆スタッ...

提供元: CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年1月1日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年1月1日号

<COVER STORY>
斉藤正明氏(ビクターエンタテインメント 代表取締役社長/一般社団法人 日本レコード協会 副会長)
50年近く音楽業界を見つめ数々のヒットを創出
若いスタッフに多く「打席」に立たせることが、ヒットの創出、会社の成長に繋がる

<NEW YEAR SPECIAL ISSUE 1>
2018年 いよいよマーケットはアジア全域へ

<NEW YEAR SPECIAL ISSUE 2>
音楽スタートアップと次世代のビジネスモデルを拓く

<NEW YEAR SPECIAL ISSUE 3>
2017年年間ランキング速報

<2018 Leader’s Message>
音楽・映像関連団体、レコードレーベル、放送局各社代表からの2018年新春メッセージ

お問い合わせ

オリコントピックス