• ホーム
  • 芸能
  • 成宮寛貴、芸能界引退を発表「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」

成宮寛貴、芸能界引退を発表「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」

 俳優の成宮寛貴(34)が9日、所属事務所を通じて芸能界からの引退を発表した。

 成宮は2日発売の『FRIDAY』で違法薬物使用疑惑が報じられたが、同日に所属事務所は「記事は事実無根。断固として抗議し、あらゆる法的措置をとって参る所存です」と報道を完全否定。成宮も文書を通じ「非常に憤りを感じます。薬物を使用したことは一切ございません」と反論した。

 その後も事務所が「社会的責務として、本人からの事情聴取、薬物鑑定など、必要な調査を行ってきましたが、本人の薬物使用を裏付ける客観的な事実は確認できませんでした」と疑惑を否定。今後の方針を検討する中、成宮本人から芸能界引退の申し入れがあったと発表した。

 事務所は「本人からの突然の申し入れに驚き、本人と何度も話し合いの機会を持ちましたが、本人の決意が非常に固かったため、大変残念ではございますが、本人からの申し入れを受けざるを得ないと判断致しました」と本人の意志を尊重し、引退を発表した経緯を説明。

 また、「これまでいつも応援してくださったファンの皆様、俳優成宮寛貴と共にお仕事をご一緒させて頂いた関係者の皆様には深く感謝致しております。突然のご報告がこのような形になりましたことを深くお詫び申し上げます」とコメントした。

 成宮は直筆コメントを寄せ「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」と思いをつづった。

成宮寛貴 1982年9月14日生まれ・東京都出身 2000年の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』でデビュー。ドラマ『ごくせん』『高校教師』『オレンジデイズ』映画『溺れる魚』『NANA』『逆転裁判』などに出演。2012年から『相棒』の3代目パートナーを務めた。



関連写真

  • 芸能界引退を発表した成宮寛貴 (C)ORICON NewS inc.
  • 成宮寛貴の直筆コメント (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス