• ホーム
  • 音楽
  • 中田ヤスタカが考える“東京”の音楽「代表するサウンドはまだ定まってない」

中田ヤスタカが考える“東京”の音楽「代表するサウンドはまだ定まってない」

音楽プロデューサーの中田ヤスタカが、10月15日公開の映画『何者』の主題歌「NANIMONO(feat.米津玄師)」を含む2枚組アルバム『NANIMONO EP/何者(オリジナル・サウンドトラック)』を発売する。今回、中田は映画の劇中音楽を全て手掛け、アルバムには全曲書き下ろしのサウンドトラックも収録。主題歌では米津玄師が作詞とボーカルを担当し、両者による初のコラボも実現した。中田、米津の両者にとって「新たな挑戦」となった今回の主題歌と劇中音楽の完成を機に、2人の対談が実現。制作の裏側から、世界で注目を集める中田が考える“東京”の音楽まで、様々な話を語ってもらった。

■中田ヤ...

オリコントピックス