長寿番組『笑点』でおなじみの落語家・林家木久扇(78)が、長男で弟子の木久蔵(40)、孫2人、元オフコースの鈴木康博(68)とともにユニット「木久ちゃんロケッツ」を結成した。新曲「空とぶプリンプリン」(6月22日発売)を制作し、NHK『みんなのうた』(6-7月)で放送されることが決定。放送55周年を迎える『みんなのうた』で落語家が歌唱を担当するのは今回が初で、放送で使用されるアニメーションも木久扇が描き下ろしたイラストを元に制作される。 2014年7月末に初期の喉頭がんと診断された木久扇は、1ヶ月半の休養の末、仕事復帰したことを機に、「自分、子、孫の三世代が一緒になって、形になるものを残せないか」と思案。そこに『みんなのうた』サイドから楽曲制作の依頼があり、実現に至った。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索