アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 三ちゃん、新ネタで自虐連発 めちゃイケ卒業後の初漫才

三ちゃん、新ネタで自虐連発 めちゃイケ卒業後の初漫才

 先月27日のフジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』で行われた再オーディションに不合格し、同番組を卒業したよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“三ちゃん”こと三中元克(25)と臼杵寛(うすき・かん 24)によるコンビ・dボタンが3日、都内で行われた『神保町花月新ユニット結成』概要発表会見に出席。番組卒業後、初の公の場となった三中は「本当にビックリして、どうリアクションしていいかわからなかった。頭の中が真っ白になりました。ここ2日間、全く寝られなかった」と明かした。

【写真】その他の写真を見る


 テレビのリモコンを手に持って登場した三中は、相方の臼杵と「どうもーdボタンです!」と元気よくあいさつ。『めちゃイケ』が放送されている“8チャンネル”を押している三中に、臼杵が「お前それ8のボタンやないか! まだ『めちゃイケ』引きずってんねやろ? 引きずるなや!」とツッコミを入れる“新ネタ漫才”で会場を沸かせた。

 その後も、三中は「(今回のユニットでは)ぜひ合格の青ボタンを押して…」と自虐を連発。今後の目標を聞かれた際には「今度はゲストとして、もう1回めちゃイケに出たい。プロとして呼ばれたい」といい「(卒業後は)みんな気を遣って、全然連絡が来ない。メールでも『生きてる?』って心配されているので、とりあえず元気です、生きてますってことを伝えたい」と気丈に振る舞っていた。

 三中は2010年10月に当時長期休養中だったナインティナイン岡村隆史の穴を埋めるべく行われた『めちゃイケ新メンバーオーディション』で約1万人の中から選ばれたメンバーで唯一の“素人”として活躍。高校の同級生・臼杵とコンビ・サンプライズを結成し、先月27日の番組生放送でネタを披露したが、支持が得られず卒業が決定。その直後に出演したインターネット生配信番組『めちゃ×2タメしてるッ!』で、出川哲朗の提案を受けて“dボタン”への改名を発表していた。

 同会見では、芸歴3年目以下の若手芸人の中から将来性豊かな約30組を選出し、その中から本公演で好評だった4〜6組から新ユニットを結成することが発表。そのほか、新ユニット命名者の木村祐一、MCのパンサー、新ユニット候補メンバーのひらっきぱなし、ギガスラッシュ!!、ぷりずん、おばたのお兄さんも登場した。




関連写真

  • めちゃイケ卒業後の初漫才を披露したdボタン(左から)三中元克、臼杵寛 (C)ORICON NewS inc.
  • (前列左から)ギガスラッシュ!!、dボタン(後列左から)ぷりずん、ひらっきぱなし、木村祐一、おばたのお兄さん、パンサー (C)ORICON NewS inc.
  • “ゲイ”のマサルコ(右)と“ノンケ”のヤマトによる異色コンビ・ギガスラッシュ!! (C)ORICON NewS inc.
  • 『神保町花月新ユニット結成』概要発表会見に出席したギガスラッシュ!!・マサルコの十八番ギャグ「ポール・マッカトニー」 (C)ORICON NewS inc.
  • 『神保町花月新ユニット結成』概要発表会見に出席したおばたのお兄さん (C)ORICON NewS inc.
  • 『神保町花月新ユニット結成』概要発表会見に出席したひらっきぱなし (C)ORICON NewS inc.
  • 『神保町花月新ユニット結成』概要発表会見に出席したぷりずん (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス