• ホーム
  • 芸能
  • “中国で最も有名な日本人”矢野浩二、日本活動を本格化 ライバルは「くまモン」

“中国で最も有名な日本人”矢野浩二、日本活動を本格化 ライバルは「くまモン」

 2000年から中国を拠点に活動している日本人俳優・矢野浩二(46)が22日、都内で行われた会見に出席。15年間中国で活躍し、“中国で最も有名な日本人”といわれる矢野は、今年から日本での芸能活動の本格化を宣言し「何でも幅広くやっていきたい。グローバルにやっていければ」と意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 矢野は1970年1月21日生まれ。21歳の時に日本で俳優活動をスタートし、中国に渡る前の約9年間は森田健作の付き人を務めていた。00年に『永遠の恋人』で中国ドラマに初出演し、以降ドラマのほかバラエティーの司会としても活躍。11年には『2010 Awards of the year』で“最優秀外国人俳優賞”を日本人として初めて受賞し、15年8月には日中の相互理解促進に貢献したとして外務大臣表彰を受賞した。

 日本での活動は米倉涼子(40)らが所属するオスカープロモーションがマネージメントする。この日、会見に登場した矢野は、日本での活動を軸足にすることについて「中国で15年、外から日本を見て改めて良さを感じた。中国で日本文化に興味持っている若者が多く、それを見て日本で活動したいという気持ちがどんどん膨らんでいきました」と説明。

 矢野は4月からスタートするテレビ朝日系の連続ドラマ『警視庁・捜査一課長係』(毎週木曜 後8:00)に出演することが決定。矢野は「15年ぶりで緊張している。浦島太郎状態」と苦笑するも、「俳優を通じてアジアにメッセージを発信したい」と気合十分。ライバルを聞かれると「くまモン。日中行事にかなり進出している。危機感を感じていますよ」とライバル心を燃やしていた。

 会見ではオスカープロモーションが、中国トップモデルの王一(ワン イー 18)、胡櫻馨(フインシン 20)の日本活動もサポートすることが発表され、2人がお披露目された。特別ゲストとして同社所属の森泉(33)、河北麻友子(24)、LIZA(26)が出席し、3人のオスカー入りを祝福した。




関連写真

  • “中国で最も有名な日本人”矢野浩二 (C)ORICON NewS inc.
  • 中国のトップモデル(左から)王一、胡櫻馨 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した(左から)河北麻友子、森泉、矢野浩二、王一、胡櫻馨、LIZA (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した矢野浩二 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した矢野浩二 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した(左から)矢野浩二、森泉 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した河北麻友子 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した森泉 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席したLIZA (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した王一 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した胡櫻馨 (C)ORICON NewS inc.
  • 都内で行われた会見に出席した(左から)王一、矢野浩二、胡櫻馨 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス