アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 千鳥・笑い飯、出ばやし公開収録に赤面「これで漫才出ると思ったらゾッとする」

千鳥・笑い飯、出ばやし公開収録に赤面「これで漫才出ると思ったらゾッとする」

 お笑いコンビの千鳥笑い飯が22日、大阪中央公会堂で開催中の『大阪ラフフェス!in 中之島6DAYS LIVE』内のイベント「戦国音楽祭(戦国ソニック)」に出演。来月予定されている公演(千鳥は10月24日の京都・祇園花月、笑い飯は10月23日の大阪・なんばグランド花月)で使用する“出ばやし”の公開収録に臨んだが、その恥ずかしすぎる内容に「こんなにダサい?」と苦笑いを浮かべた。

 ミサイルマンの岩部彰扮する“武将様”から「武将様が漫才に出る時の音楽を考えたから、今から収録してそれを使いなされ」と命じられると、先に収録に臨んだ千鳥の大悟は「わしらが歌ったもの(出ばやし)で、わしらが出て行くの?」と怪訝な表情。「ち、ち、千鳥!千鳥!FLY-FLY!」や「漫才のネタは色とりどり」といった歌詞に「こんなダサいの? 恥ずかしい」と言いながらも、何とか歌い切ると「(出ばやしが流れる)10月24日に今日のお客さんたち、絶対に来てよ」と懇願した。

 続いて、笑い飯の2人も「(10月23日に同じ舞台に出る)中田カウス・ボタン師匠とかどう思うん? 笑福亭仁鶴師匠もいるやん」と早くも戦々恐々。「笑う門には福が来る だったら笑い飯でしょ」「哲夫がボケて西田がボケて グルグル回るメリーゴーランド」という歌詞に「芸人がこんなん歌うのが一番恥ずかしい」と赤面。観客と協力しながら歌い終えるも、西田幸治は「これ流れてから漫才が始まると考えたら、ゾッとしますよ」と最後まで不安を隠せない様子だった。

 イベントにはそのほか、ザ・プラン9浅越ゴエヤナギブソン野性爆弾レイザーラモンRGシャンプーハットのこいで、ダイアンの西澤裕介、とにかく明るい安村、ギャロップの毛利大亮、アイロンヘッドの辻井亮平、ジェットゥーゾの渡辺、ダブルアートの池田真一、ゆりやんレトリィバァ、茜チーフ、もみちゃんズ、紅しょうが、美たんさんの福井麻奈美、角田信朗、なにわボーイズも出演した。



関連写真

  • 『大阪ラフフェス!in 中之島 6DAYS LIVE 戦国音楽祭』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • ステージ上の千鳥 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス