福岡・宗像フェス中止 強風&高波で会場設営できず HKT48、でんぱ組ら出演予定

 福岡・宗像市の神湊海水浴場で9月12・13日に開催予定だった音楽フェスティバル『WORLD HERITAGE MUNAKATA2015』が、2日間とも開催中止することが10日、発表された。台風18号の影響等による強風と高波で、会場設営が進められないためとしている。同イベントには地元福岡を拠点とするHKT48をはじめ、Aqua TimezLOVE PSYCHEDELICOでんぱ組.incら多数のアーティストが出演予定だった。

 イベント開催当日は晴天の予報が出ているが、海水浴場に設営される特設ステージは、「先般の台風18号の影響等による強風と高波のため、本日(9月10日)現在、会場・舞台の設営が全く進められない状況」と説明。会場・舞台の設営、来場者・出演者の安全確保が困難と判断し、全日程の開催中止を決定した。

 代替公演の予定はないとし、チケットの払い戻し等に関しては、14日以降にイベントの公式サイトで発表するとしている。

 同イベントには、12日公演はLinQ、信近エリ、家入レオ超特急phatmans after school、LOVE PSYCHEDELICO、RAM WIRE、HKT48、かりゆし58、Aqua Timez、13日公演はShiggy Jr.あいみょんシシド・カフカmoumoonKAN矢井田瞳SAKANAMONC&K、でんぱ組.inc、ストレイテナーが出演予定だった。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索