• ホーム
  • 芸能
  • アニメ『すべてがFになる』声優発表 OP&EDも決定

アニメ『すべてがFになる』声優発表 OP&EDも決定

 フジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で10月8日より放送予定のアニメ『すべてがFになるTHE PERFECT INSIDER』(毎週木曜 深0:55)のメインキャストが3日、発表された。今回明らかになったのは物語のメインキャラクター3人で、主人公の犀川創平役は加瀬康之、西之園萌絵役は種崎敦美、そして真賀田四季役は木戸衣吹に決定した。

【写真】その他の写真を見る


 また、オープニング曲は、ロックバンドのKANA-BOONの「talking」、エンディング曲はシナリオアートの「ナナヒツジ」に決定した。

 原作は、作家・森博嗣氏によるシリーズ累計発行部数390万部を誇る同名小説と、登場人物の半生をつづった『四季(全四冊)』。S&Mシリーズを基に『エルフェンリート』などでみせた独自の演出で注目を集める神戸守監督と制作・A-1Picturesのタッグで映像化される。キャラクター原案は漫画家の浅野いにお氏。

 森氏は「これまでに、ゲーム、漫画、ドラマになりましたが、アニメは初めて。『四季』の内容も一部取り入れ、丁寧にストーリーが描かれています。また、アニメ独自の設定もあって、面白くなりそう」と期待を寄せた。

■ストーリー

孤島の研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才プログラマー・真賀田四季。四季に一目会いたいと、研究所を訪れた那古野大学准教授・犀川創平と学生・西之園萌絵はそこである事件に遭遇する。

彼らが目にしたのは、誰も出入りできないはずの四季の部屋から現れた、ウエディングドレスをまとい両手両足を切断された死体だった―。不可思議な密室殺人に犀川と萌絵が挑む。

■公式サイト
http://www.f-noitamina.com/



関連写真

  • 新たに公開されたアニメ『すべてがFになる』キービジュアル  (C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • 浅野いにお氏によが手がけたアニメ『すべてがFになる』キービジュアル  (C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • 犀川創平(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • 西之園萌絵(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • 真賀田四季(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • アニメ「すべてがFになる」場面カット(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • アニメ「すべてがFになる」場面カット(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • アニメ「すべてがFになる」場面カット(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • アニメ「すべてがFになる」場面カット(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • アニメ「すべてがFになる」場面カット(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会
  • アニメ「すべてがFになる」場面カット(C)森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会

オリコントピックス