• ホーム
  • 芸能
  • 【上半期TV出演本数】TOKIO国分太一が1位、V2へ好発進 2位設楽・3位有吉が追う

【上半期TV出演本数】TOKIO国分太一が1位、V2へ好発進 2位設楽・3位有吉が追う

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは14日、『2015上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』を発表した。昨年、初の年間王者となったTOKIO国分太一が349本に出演し、2位のバナナマン設楽統、3位の有吉弘行を抑えて1位。V2へ向け好発進した。「女性タレント部門」では小島瑠璃子が1位(全体9位)。昨年上半期から大きく伸ばした「ブレイクタレント」には8.6秒バズーカー篠原信一らが名を連ねた。

 今回も、帯番組を多く抱える国分、設楽、加藤浩次らが上位を独占した。そんな中、昨年年間653本で1位(上半期332本で2位)の国分が『白熱ライブ ビビット』(TBS)、『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ)、『男子ごはん』(テレビ東京)など349本に出演し、V2へ向け首位で折り返した。

 2012年、13年の年間王者である設楽は『ノンストップ!』(フジテレビ)、『奇跡体験!アンビリバボー』(同)など310本に出演するも、昨年上半期の349本から減らした。3位の有吉は深夜帯の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日)、『有吉反省会』(日本テレビ)など261本に出演し“定位置”となりつつある3位にランクインした。

 「女性タレント部門」1位の小島は226本に出演し、昨年の同部門年間2位(全体20位)の実力を見せつけた。昨年年間女王(全体17位)の大久保佳代子は209本で2位(全体13位)だった。一方、昨年上半期からの増加数を基にした「ブレイクタレント」では、8.6秒、篠原が88本増で首位。以下、あばれる君厚切りジェイソンクマムシ前園真聖吉田羊が続いた。

 なお、新設された、複数回放送されても同一タイトルは1本とカウントする『テレビ番組出演(タイトル)本数ランキング』では、鈴木奈々が95タイトルで1位、澤部佑が90タイトルで2位、博多大吉が83タイトルで3位となった。

【調査概要】
調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2015年1月1日〜6月30日
調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・アナウンサーは対象外とする
・通販番組出演者は対象外とする(ニュース番組内でのコーナーとしての通販出演者は含む)
・再放送番組は対象外とする
・ナレーション出演は対象外とする







■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 年間王者返り咲きへ国分太一を追う2位の設楽統 (C)ORICON NewS inc.
  • 「女性タレント部門」1位の小島瑠璃子 (C)ORICON NewS inc.
  • 今年一躍ブレイク! 出演本数が88本増えた8.6秒バズーカー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス