ジャニーズ新星キンプリ、オールスター戦で楽曲初披露

 東京・六本木ヒルズで18日から開催される『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』(8月23日まで開催)の「公式応援サポーター」として結成されたジャニーズJr.の新ユニット「Mr.King vs Mr.Prince」(ミスターキング ブイエス ミスタープリンス、略して「キンプリ」)。彼らによるイベントの公式テーマソング「サマー・ステーション」が完成し、17日に東京ドームで開催される『マツダオールスターゲーム2015』で初披露されることが決定した。試合開始前の余興として行われるセ・パ両チームのホームランダービー終了後、午後6時25分ごろよりキンプリのスペシャルステージを実施し、“球宴”の開幕を盛り上げる。

 キンプリは、“王とプリンスの戦い”を意味するとおり、メンバーそれぞれが火花を散らし、切磋琢磨していくというコンセプトのもとネーミングされた。キンプリとして最初のオリジナル曲となる「サマー・ステーション」は、数々のジャニーズの名曲を手がけた馬飼野康二(まかいの・こうじ)氏が作曲を担当。夏にぴったりのさわやかなナンバーに仕上がっている。振付で「King」と「Prince」の頭文字である「P」と「K」のアルファベットを指で表現し、それを瞬時に交互に切り替えるなど、「King」と「Prince」のバトル感も演出する。

 岩橋玄樹(P)は「曲のイントロに『自分たちの名前』が入っているのが斬新」といい、永瀬廉(K)は「曲のサビがとてもキャッチー。『いつまでも いつまでも 駆け抜けていこう』という歌詞がとても気に入っています」。平野紫耀(K)は「お祭り騒ぎのような皆でワイワイ盛り上がれるような曲になっていて、耳に残る曲です。『K』と『P』というポーズを覚えてもらえたらうれしい」と期待した。

 初披露の舞台、『オールスターゲーム』のスペシャルステージでは、今までにないようなアクロバットな振り付けにも挑戦する予定。神宮寺勇太(P)は「東京ドームでやるからには、責任もありますし、今までに感じたことないプレッシャーがありますが、その中でも歌うことを楽しみたいです。もしかしたらこの東京ドームでキンプリの未来が決まるかもしれないので、メンバー6人で最高のパフォーマンスを見せたい」と意気込む。

 岸優太(P)も「僕たちのことを知らない方が大勢いるかもしれないですけど、『Mr.King vs Mr.Prince』の若いパワーで皆さんを魅了させることができるか、今年の夏の勝負場ですね」と気合を込めた。「ずっと東京ドームのグラウンドに立ってみたいって思っていた」という高橋海人(K)は、「今年の夏は、僕にとってとても大きな夏です。皆さんと一緒に楽しい時間を過ごせたら」と感慨ひとしおの様子だった。

 キンプリのパフォーマンスは17日午後5時55分からBS朝日『マツダオールスターゲーム2015 第1戦 ホームランダービー』内で生中継される(『オールスターゲーム』の模様は、テレビ朝日系で午後7時から生放送)。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索