• ホーム
  • 芸能
  • ロボット掃除機はここまで来た 「スミ」までキレイにする高性能ぶりがわかる動画公開

ロボット掃除機はここまで来た 「スミ」までキレイにする高性能ぶりがわかる動画公開

 いま主婦にとって垂涎モノの家電といえば、「ロボット掃除機」ではないだろうか。これまで自分の手で 行ってきた掃除を、代わりに自動でやってくれるので、時間をより有効に使える。まさに、掃除機の 「革命」だ。

【写真】その他の写真を見る


 とはいえ、疑問を抱いている人もいることだろう。「本当にしっかり掃除をしてくれるの?」と。そんな疑り深い人でも、グウの音も出ないほどに黙ってしまうショートムービーを、パナソニックが公開した。それが、『the sound of RULO』。

 動画に登場するのは同社の新しいロボット掃除機「RULO(ルーロ)」。計14台が、巨大セットに用意され、それぞれに「カド」と「スミ」のある走行レーンをいっせいにスタートする。

 スミのギリギリには仕掛けが設置されており、ブラシがちゃんと仕掛けをとらえれば、ハンドベルが鳴るという仕組みになっているのだが、14台は見事にそれを達成、美しい音色がセット全体に響き渡る。彼らが奏でたのは、「きらきら星」だ。

 同社によると、このショートムービーは「1テイク、一発撮り」にこだわったそうで、それができたのはもちろん、同掃除機の特徴と性能があってこそ。

 壁の横を走行するときは、本体サイドの近距離用の赤外線センサーで距離を測り、超音波センサーで前方の壁を検知する。横の壁と前の壁、両方があると判断したら、「ここがスミだ」と認識して、ギリギリまで進んで首振りをして「スミ」を掃除し、終わったら少しバックして方向転換する。

 そして、この「スミ」のギリギリまで掃除をできるようになった秘密が、従来の丸いロボット掃除機とは違う、三角の形にもある。これは、「運動学の父」と呼ばれるドイツの機械工学者「フランツ・ルーロー」が開発した、回転したときの径が変わらず、正方形に内接して回転することができる「ルーローの三角形」から来ており、同掃除機の名前の由来にもなっている。高い性能のセンサーとこの三角形だからこそ、小回りもきくし、 センサーの感度ギリギリに設置された仕掛けをとらえてハンドベルを鳴らすことにも成功したのだ。

 そして、さらにもう一つ、高性能ぶりがわかるエピソードを。同掃除機の「ハウスダスト発見センサー」は、感知能力にとても優れている。そのため、もし、レーン上に目には見えないホコリやゴミがあった場合、14台の走行タイミングがずれてしまい、「きらきら星」は実現できない。スタッフたちは、レーンをきれいに保つのに、相当な注意を払わなければいけなかったそうだ。

 ショートムービーはスペシャルサイトで見ることができ、同掃除機は 3月20日発売開始。


⇒公式サイトはコチラ

関連写真

  • 「スミ」までキレイにする高性能ロボット掃除機「RULO(ルーロ)」
  • 「スミ」までキレイにする高性能ロボット掃除機「RULO(ルーロ)」
  • 「スミ」までキレイにする高性能ロボット掃除機「RULO(ルーロ)」
  • 「スミ」までキレイにする高性能ロボット掃除機「RULO(ルーロ)」
  • 「スミ」までキレイにする高性能ロボット掃除機「RULO(ルーロ)」

オリコントピックス