• ホーム
  • 映画
  • 神田沙也加、2年連続“ディズニーの顔” 新作ナビゲーターに抜てき

神田沙也加、2年連続“ディズニーの顔” 新作ナビゲーターに抜てき

 歌手で女優の神田沙也加がディズニーの新作ミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』(3月14日公開)の宣伝ナビゲーターに就任したことが3日、わかった。昨年大ヒットした映画『アナと雪の女王』日本語吹き替え版で主人公のアナを担当した神田が、2年連続で“ディズニーの顔”に抜てきされた。

 シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん…など、おとぎ話の主人公たちのハッピーエンドの“その先”を描いたブロードウェイ・ミュージカルを完全映画化した同作。実は、2005年に宮本亜門氏の演出で上演された日本版で、当時17歳だった神田が、ミュージカル初挑戦にして赤ずきんという大役を経験。

 縁の深い作品に神田は「私の人生に大きな転機を与えてくれた作品であり、この作品があったからこそ今の自分がある。そして、この作品がなかったら“アナ”には出会えていなかったと思います」と感慨深げに明かした。

 「めでたしめでたし」では終わらない人生の“本当の幸せ”を問いかけるストーリーとなっているが神田は『イントゥ・ザ・ウッズ』と『アナと雪の女王』は、「くしくも『自立』という共通したテーマを持っています」と分析。「『アナ』があってこその『イントゥ・ザ・ウッズ』だと思いますし、ディズニーの新作ですので、この作品の楽しさや魅力を、一生懸命伝えていきたいと思います」と力を込める。

 また、3月3日・4日のジャパンプレミアで、神田は同作の劇中歌「Children Will Listen」を披露することが決定。あわせて来日する映画の“赤ずきん”役リラ・クロフォードとの対面に、神田は「『赤ずきん』はこのお話の中ではとても大事な役割を担っているので、そういうところはどう解釈してお芝居したの?という話はもちろん、赤ずきんを演じてみての本音トークもしたい」と期待に胸をふくらませている。



オリコントピックス