• ホーム
  • 芸能
  • 国内のみならず世界で増えつづける海外旅行者〜高級ホテルも爆発的に増加

国内のみならず世界で増えつづける海外旅行者〜高級ホテルも爆発的に増加

 海外旅行といえば、昔は夢のような話だったが、いまや誰も一度は行ったことがあるのでは、と思うくらい手軽なものとなった。日本の海外旅行者数は、リーマンショック以降など、わずかに減少する年も見られるが、基本的には右肩上がり&高止まりで、平成元年の約1000万人と比較すればいまは、倍近い約1800万人のデータを示しており、いかに旅行者が増えているかが明らかだ。

 もちろんこのような流れは、日本だけではない。安倍政権発足以降、円安も手伝って、日本で外国人旅行者を見かける頻度が増えていると感じるのは気のせいではなく、増加傾向は観光庁の統計にも如実に表れているし、世界の海外旅行者数も、UNWTO(世界観光機関)の発表によれば、2013年は前年比40%増と、とんでもない増え方を見せている。

 さらにそれを証明するのが、ホテルの業績だ。例にとると、アメリカ・コネチカット州に本社を置き、「シェラトン(Sheraton)」、「ウェスティン(Westin)」などのブランドでも知られる、「スターウッドホテル&リゾート」は2014年、新たに世界 26 ヵ国で 74 軒、総客室数約 15000 室のホテルをオープン。また、対前年比 15%増となる 175軒のホテルの新規運営委託及びフランチャイズ契約の締結により、契約数は 5 年連続で増加し、かつ 2007 年以降最高の伸び率を達成したという。

 なかでも、ハイエンドの高級ホテルの伸びがすごい。同社は『ラグジュアリーホテル』カテゴリーに属する 3ブランド「セントレジス(St. Regis)」、 「ザ・ラグジュアリー・コレクション(The Luxury Collection)」、「W」は現在、世界各地で 170軒のラグジュアリーブランドホテルを展開しているが、 昨年オープンした 12軒に加え、さらに今後 2年間で 25軒以上をオープンする予定。 また、『アッパーアップスケール』カテゴリーに属する「シェラトン」、「ル・メリディア ン(Le M?ridien)」、「ウェスティン」の 3ブランドも、昨年 27軒の新規ホテルをオープンし、今後も 150軒以上もの新規オープンを目指すという。

 日頃の忙しい毎日を忘れて、のんびり、もしくはアクティブに異国でさまざまな体験をするのは、本当に気分良く、楽しいもの。ぜひ、この世界の流れに乗って、われわれ一般庶民もガンガン、世界に飛び出していきたいところだ。でもそれには、アベノミクスでもうちょっと給料が上がってくれて、逆にアベノミクスによる円安が少しは収まってくれることを切に願いたい。



タグ

オリコントピックス