アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 語学力以外にも海外留学で得られることって?

語学力以外にも海外留学で得られることって?

 グローバル化の波を受けて注目を集めている“語学力”。近年は“若者の海外離れ”という言葉も聞かれるものの、内閣府や文科省によると、大学間協定に基づく日本人学生の留学は増加しているとか。日本で基礎的な語学力を得て旅立つことで、海外留学で見えてくる景色も違うはず。留学を経験した関西外国語大学(大阪府枚方市)の学生たちに、留学前の準備や現地での学びについて話を聞いた。

 「私は留学前からスペイン語を話す機会に積極的に参加したりして、日本でできることは日本で入念に準備をして、それからエクアドル キトサンフランシスコ大学で、スペイン語の文法やオラールの授業を履修しました。アメリカやヨーロッパのさまざまな国の人たちと一緒に学んだんですが、ディスカッションでは、各国の文化や考えを聞いたり意見を交換するなどして、とても知識が深まりました」と話すのは、外国語学部スペイン語学科4回生の河原栞さん。外国語を学ぶために留学を計画する人も少なくないが、「本人のやる気次第で、日本にいながら、いくらでも語学力は高まる」と同大学で留学を経験した学生たちは語る。

 同大学は世界51か国・地域344の大学への留学が可能で、多種多様な留学プログラムを用意。留学費用も交換留学であれば学費・住居費・食費は全額免除するなどのバックアップ体制を整えている。ただし、同大学は他大学で行われている海外研修的な留学プログラムとは異なり、「現地学生と同じ授業を受ける」ことが大きなポイント。留学前に“授業を理解する”レベルの語学力を身に付けていることが前提であるため、大学側もランゲージカフェ、エクスペリエンスジャパンプログラム、ホームビジットプログラムなどの国際交流イベントを多数設け、学生たちを送り出している。

 現地の学生たちと一緒に学ぶことは、語学力以上に身に付くことも多い。「アメリカのケンタッキー大学へ留学しました。現地には国籍も年齢も本当にさまざまな人がいましたが、みんな意識が高い。遊びもしますが、勉強では手を抜かない」(外国語学部英米語学科4回生・友宗理さん)、「私はフィンランドのハーガヘリア応用科学大学へ。教育水準の高いフィンランドでは、勉強はやって当たり前。出席だけすることには価値はなくて、テーマに沿って主体的に考え勉強していくというスタイルです。先生と生徒は対等な関係で、先生が間違っていると思えばそう発言してもいい。だから先生たちも必死です(笑)。とっても新鮮でした」(英語キャリア学部英語キャリア学科4 回生・林織奈さん)。

 世界にはさまざまな環境で学ぶ同世代の大学生たちがいる。彼らの価値観や文化を肌で感じる事は、自分が持つ「大学」のイメージを大きく変え、“国際人”としての成長を促すことに繋がっているようだ。



タグ

オリコントピックス