• ホーム
  • 芸能
  • 口元にまで気配りを! プロに学ぶ男の心得

口元にまで気配りを! プロに学ぶ男の心得

 年末年始は、多くの出会いが待つシーズン。そんな実りのある季節、仕事にプライベートにと勤しむ男性諸君にとって、絶対に気を抜けないのが身だしなみだ。oricon MEが実施したアンケート結果では、“身だしなみが整っていない男性”に嫌なイメージを持つ女性はなんと約9割。女性たちは、自己プロデュースができていない男をジェントルマンとは認めないようだ。そこで、メンズオンリーサロン「JUNES」の代表を務めるBOWE氏に、メンズ美容の心得を教えてもらった。

 「人は中身が大事」と言いながらも、あらゆるシーンで優先されるのが見た目の印象で、20〜40代の男女を対象に行った調査でも、9割以上が【身だしなみが第一印象を左右する】と回答。「心の乱れは身だしなみにも表れると思う」(茨城/40代/男性)、「自分に気を使えない人が他人にも気を使えるとは思えない」(東京/20代/女性)というように、外見は内面を映し出す鏡の役割をすると考えている人も少なくないようだ。

 身だしなみがどんなに大切かは重々承知しているが、毎日を忙しく過ごしているとついつい怠りがちになってしまうもの。そこで、美容のプロであるBOWE氏に、オトナの男として押さえておくべきポイントを伺った。まず、専門である髪のスタイリングについては、「男性は長い髪だとスタイリングが難しいので、5cm以下の長さで動きのあるスタイルが人気ですね。特に日本人は輪郭が横に張っているケースが多いので、トップを立ち上げるとか、縦長に見せる方がスタイリッシュです」とアドバイス。女性はカミソリ負けした肌や汚い無精ヒゲへの嫌悪感も強いため、ヒゲの剃り方や形、肌のケアにも気遣いが必要だと語る。

 また、BOWE氏は「加齢によって口臭は気になりますし、接客業だから絶対にお口のケアは大切。髪だけカッコ良くても仕方ないですから」と、口元のケアの重要性についても力説。実は前述の調査でも、「男性の身だしなみのNGポイント」として女性から意見が挙がったのは、体型やファッション以上に、口臭や歯の色という“口元の身だしなみ”についてのダメ出しだったのだ。

 そんなBOWEさんが紹介してくれたのが、電動歯ブラシ『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ブラック』。「歯の表面がツルツルになってスッキリ感がハンパない。歯を磨く価値観すら変わります」とバツグンの使い心地はもちろん、オススメする理由は同ブランド初の“ブラック”を基調にしたデザイン性の高さにも。「男心をくすぐるマットブラックで、フォルムもすごくカッコ良いんです!」と白い歯を覗かせる。USBケーブルやグラスに置くだけのこれまでにない充電方法も画期的で、男を磨くアイテムとして活躍しそうだ。

 クリスマスやお正月など、イベント盛りだくさんの季節を楽しむためにも、改めて身だしなみを見直し男の魅力をUPして!

【調査概要】
調査期間:2014年10月24日(金)〜10月27日(月)
調査地域:全国
調査対象:600名(20代〜40代の男女、各300名)
調査方法:オンライン調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ(調査企画:株式会社oricon ME)

【特集】男は身だしなみから! プロに学ぶ「男の美容学」

図書カードをGetしよう! アンケートモニター募集中



タグ

オリコントピックス