“じゃんけん女王”みるきー、Xマスイブにソロデビュー

 9月に開催された『AKB48グループ じゃんけん大会2014』で優勝したNMB48SKE48渡辺美優紀が、12月24日にソロデビューすることが3日、わかった。AKB48が千葉・幕張メッセで開催中の握手会イベントで発表された。歴代優勝者の内田眞由美篠田麻里子島崎遥香松井珠理奈はAKBのシングルのセンターを務めてきたが、今回の優勝者にはソロデビューが確約されていた。

 AKBグループからのソロデビューは、板野友美(OG)、前田敦子(OG)、岩佐美咲渡辺麻友指原莉乃松井咲子(ピアニスト)、河西智美(OG)、柏木由紀高橋みなみ倉持明日香松村香織(SKE48)に続き12人目。NMB48メンバーでは初となる。

 渡辺のソロデビューシングル(タイトル未定)には、表題曲のほか、じゃんけん大会2位〜16位の15人が歌い、準優勝の小嶋陽菜がセンターを務める楽曲(タイトル未定)も収録される。

 この日の握手会では、来年1月21日にAKB48通算6枚目となるアルバム(タイトル未定)の発売も発表。さらに、持ち歌をファン投票でランキング化し、カウントダウン形式で発表・パフォーマンスする恒例イベント『AKB48リクエストアワー セットリストベスト1033』を来年1月21日〜25日に東京ドームシティホールで開催することも決定した。

 前回は200位から発表したが、今回は合計1033曲(ソロ曲、派生ユニット曲も含む)の全順位を発表するとし、会場のファンを沸かせた。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索