Perfume、話題の米バンドMV出演に感激 1日半で400万回再生突破

 人気テクノポップユニット・Perfumeが出演し、千葉で撮影されたことでも話題の米4人組ロックバンドOK Go(オーケー・ゴー)の最新ミュージックビデオ「アイ・ウォント・レット・ユー・ダウン」が、27日の公開から約1日半で400万回再生を突破した。

 Pefumeはもともと、OK Goが制作するアイデアあふれるMVのファン。OK Goも欧米人気の高いPerfumeの音楽性やパフォーマンスに注目していたといい、本作の監督をメンバーのダミアン・クラッシュ(Vo&G)とPerfumeのMVを手がける映像ディレクター・関和亮氏が共同で務めたことが縁で共演が実現した。

 MV公開から1日経った28日、OK GoがツイッターでPerfumeのアカウントに向け、「Perfumeのみんな!日本でも新しいビデオ盛り上がってますか?今度はロサンゼルスで会おうね。ワールドツアーの成功を祈ってます!」とツイート。

 今月31日からワールドツアーをスタートさせるPerfumeは、11月9日にLA公演を行うことから「めっちゃ盛り上がっとるよ〜!撮影もすごく楽しかった!LAで会えるのを楽しみにしてます!」と返信。日本で共演した両者が親交を深め、今度は彼らの母国アメリカでの再会を約束した。

 日本の最新技術を結集し、“驚異のワンカット映像”で話題の同MVは、YouTubeで高評価が6万7000件、コメントが3500件を突破。米ビルボードのツイッター・トレンド・チャートで1位を記録するなどソーシャルメディアを席巻している。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索