新人シンガー・松田美穂、初野外ライブに500人 目標は「紅白出場」

 シンガーソングライターの松田美穂(26)が20日、都内でデビューシングル「めざめ」発売記念ライブを行った。午後のランチタイムに行われたスペシャルライブでは、「めざめ」を含む3曲を熱唱。会場に集った約500人のOL、サラリーマンを歌声で魅了していた。

【写真】その他の写真を見る


 山形県出身の松田は、女性アーティスト育成プロジェクト『J:COM presents Girl’s Power Wave』出身の新人シンガーで、10月1日に同シングル(現在は配信リリースのみ)でデビュー。今回が初の野外ライブとあって「緊張しいなので、すごく緊張しました」と初々しく語り、「皆さん暖かく見守ってくれて、いい経験になりました」と充実感をにじませた。

 デビュー前は、インターネットやフリーライブを主に活動しており、「やっとここまでこれた」と感慨深げ。約4年間の下積み時代を回顧しつつ「唯一無二の歌手になりたい。音楽が盛り上がっていた1970〜80年代に活躍した人たちのような存在になりたい」と声を弾ませ、「紅白歌合戦に出たい。田舎者なので紅白に出て『ここまで来たんだな』と地元の方々に思っていただきたい」と目標を掲げた。

関連写真

  • デビューシングル「めざめ」発売記念ライブを行った松田美穂 (C)ORICON NewS inc.
  • 美しい歌声で観客を魅了 (C)ORICON NewS inc.
  • デビューシングル「めざめ」発売記念ライブを行った松田美穂 (C)ORICON NewS inc.
  • デビューシングル「めざめ」発売記念ライブを行った松田美穂 (C)ORICON NewS inc.
  • デビューシングル「めざめ」発売記念ライブを行った松田美穂 (C)ORICON NewS inc.
  • 会場の観客を魅了した松田美穂=デビューシングル「めざめ」発売記念ライブ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索