アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • キムタク、東京ドーム“5連戦”に感無量 SMAP 100万人ツアー開幕

キムタク、東京ドーム“5連戦”に感無量 SMAP 100万人ツアー開幕

 人気グループ・SMAPが4日、2年ぶりとなる全国5大ドームツアー(全22公演)を東京ドームでスタートさせ、新アルバム『Mr.S』(3日発売)収録曲や新旧ヒット曲など40曲以上を3時間半にわたって熱唱した。来年1月のナゴヤドーム公演までトータル100万人以上を動員する巨大ツアーとなるが、中居正広(42)は「俺たちも一生懸命チケットを取ろうとしてるんだけど、制限されてる。6枚取ろうとしたら、応募数が多いから4枚にしてって言われた」と笑いながら裏話を明かした。

 ツアーは東京ドーム5夜連続公演からスタート。初日のステージに立った稲垣吾郎(40)は「2年ぶりですよ。やっとお会いすることができましたね」と呼びかけ、草なぎ剛(40)も「気持ちいいね。みんな“ライブ待ってたよ”って顔してるね」とにっこり。香取慎吾(37)は「イエーイ!愛してまーす」と絶叫し、木村拓哉(41)は「海外アーティストのライブを観に来たりするけど、びっちり埋まってるのってSMAPでしか経験したことがない。それを5日間やれるって奇跡だと思う」と超満員の5万5000人で埋め尽くされた客席を感慨深げに見渡した。

 気合十分のメンバーを横目に、フジテレビ系『27時間テレビ』(7月26〜27日)の「27曲45分3秒ノンストップ」ライブ中、フラフラ状態になった中居は、早くも序盤で顔をしかめ「もうつばが飲み込めなくなってる」と自虐コメント。「5連戦はきついって。俺たち“中継ぎ”じゃなくて“先発”なんだよ?」と巨人ファンの中居らしく野球に例えて話し、「調子が悪かったら交代ってわけにいかないじゃん。なぜかって俺たち、代わりがいないから」とドヤ顔をきめ、割れんばかりの大声援と拍手を浴びた。

 SMAPは1991年9月のデビューから23年で53枚のシングルを発表しているが、今回のツアーではステージ上で歌唱曲を決め、ぶっつけ本番で披露するコーナーを2ヶ所設けた。そのうちの一つが、日替わりゲストが生中継で登場し、歌ってほしいシングル曲をリクエストするもの。この日は木村がフジテレビ系月9ドラマ『HERO』で共演中の北川景子(28)がスクリーンに映し出され、「きょうは“事件”がなかったので」と都内の事務所からの中継で出演した。

 「あのー、ジャニーズ事務所の社長はジャニー喜多川っていいます」(中居)、「はい、私も北川といいます」(北川)という軽妙なやりとりで沸かせたあと、「雪が降ってきた」(92年)との2択で迷った北川は、「笑顔のゲンキ」(92年)をリクエスト。当時は「小学生でした」と振り返ると、木村らメンバーはずっこけ、苦笑いを浮かべながらも熱唱した。

 コントコーナーでは明石家さんまがVTRで出演し、メンバーがそれぞれのキャラクターに扮して持ちネタを披露したほか、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」も歌って踊るなど、至るところに笑いとアットホームな仕掛けが満載。『saikou de saikou no CONCERT TOUR』のタイトルにふさわしい演出でファンを熱狂させていた。

 同ツアーは、来年1月12日のナゴヤドーム最終公演まで全22公演。131日におよぶツアー期間は、2年前の124日を上回りSMAP史上最長となる。



オリコントピックス