• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • スポーツ
  • 猫ひろし、カンボジア国内大会で優勝「アジア大会では最高の走りを」

猫ひろし、カンボジア国内大会で優勝「アジア大会では最高の走りを」

 9月に韓国・仁川で開催される『2014 アジア大会』にカンボジア代表として出場することが決定している、お笑いタレントの猫ひろし(37)が17日、カンボジアでは初となる公式フルマラソン大会『第1回アンコールエンパイヤ国際フルマラソン&ハーフマラソン』に出場。猫と同じく『アジア大会』に出場し、同国内最高記録(2時間23分29秒)を持つヘム・ブンティン選手を破り、優勝を果たした。

 同大会参加者は日本人ランナーをはじめ外国人含む2300人が出場。猫は所属事務所を通じて「カンボジアで初めてのフルマラソンの大会で、一位優勝できて本当にうれしいです。3ヶ月間、カンボジアでしっかり練習してきました。今後は、アジア大会の本番当日に最高の走りを見せます。そのために練習頑張ります!」とコメントしている。

 猫は6月に行われた『第4回プノンペン国際ハーフマラソン』で2位に入賞。今後は9月初旬にトレーニングのため、日本に一時帰国予定。その後、韓国入りするという。

オリコントピックス