“83歳”元野球部員の上中別府チエさんが始球式に登板

 プロ野球・横浜DeNAベイスターズは、来月5日と6日に横浜スタジアムで開催するスペシャルイベント『DREAM STADIUM 2014』(対阪神タイガース戦)で、元軟式野球部に所属していた83歳の上中別府チエさん(かみなかべっぷ・ちえ)が始球に登板することを発表した。

 上中別府さんは、79歳で川崎市立高津高等学校定時制に入学し、書道部など文化部で活動すると同時に、軟式野球部にも所属。定時制4年生だった昨年6月には、全国高等学校定時制軟式野球大会・神奈川県予選でベンチ入りを果たし、1回戦ではレフト守備も経験。さらに、伝令役として決勝進出に貢献するも全国大会出場の夢は惜しくも破れ、今年3月に同校を卒業した。

 上中別府さんの起用について同球団は、「夢に向かって力強く進み続けるその姿は、野球を通じて、夢を持つ大切さや素晴らしさを目一杯体感いただくことをテーマにした『DREAM STADIUM 2014』をまさに体現されていました。そこで、ゲストとして横浜スタジアムに是非お迎えしたい」という思いで上中別府さんにオファーし、今回の始球式が実現したという。

 『ドリーム始球式』は7月6日に対阪神タイガース試合開始前(午後1時45分頃)に行われる。



タグ

オリコントピックス