• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

国立競技場、56年の歴史に幕 「ありがとう国立!」の大歓声

 2020年東京五輪へ向けて改築工事に入る東京・国立競技場で5月31日、最後のイベント『SAYONARA国立競技場FINAL“FOR THE FUTURE”』が開催され、56年にわたる歴史に有終の美を飾った。観客からは「ありがとう国立!」の大歓声が沸き起こった。

【写真】その他の写真を見る


 スポーツの聖地として数々の名場面の舞台となってきた国立。その最後の姿を見届けようと、会場には大勢の観客が集結。午前中に開催された「ファイナルランイベント」には、約2000人の市民ランナーが参加。ピッチでは、サッカーとラグビーの『レジェンドマッチ』が行われ、サッカー元日本代表FWの中山雅史は、華を添えるゴールを決めた。

 ファイナルセレモニーでは、海上自衛隊東京音楽隊3等海曹・三宅由佳莉氏が国歌独唱。ピアニスト・辻井伸行も演奏を披露し会場を魅了した。司会はフリーアナウンサーの徳光和夫が務めた。

 聖火リレーも行われ、元サッカー日本代表の北澤豪、元競泳の五輪金メダリスト鈴木大地氏らがつなぎ、五輪3連覇のレスリング女子・吉田沙保里選手が最終走者として聖火台に点火。午後9時過ぎの閉会まで国立の夜空を明るく灯した。

 国内最大級のライブステージとして、アーティストたちの聖地でもあった国立。歌手の谷村新司が代表曲「昴」を、森山良子が「今日の日はさようなら」を熱唱し、歌声を響かせた。

 そのほか、航空自衛隊所属のアクロバットチーム「ブルーインパルス」のフライト披露や、約700発の打ち上げ花火など、さまざまな演出で国立最後の日に華を添えた。

関連写真

  • 56年にわたる歴史に有終の美を飾った国立競技場 (C)ORICON NewS inc.
  • 聖火リレーの最終走者を務めた吉田沙保里が点火 (C)ORICON NewS inc.
  • 森山良子が現国立ラスト唱 (C)ORICON NewS inc.
  • センターサークルの中で司会を務める徳光和夫 (C)ORICON NewS inc.
  • 56年にわたる歴史に有終の美を飾った国立競技場 (C)ORICON NewS inc.
  • 華々しく花火も打ち上げられた (C)ORICON NewS inc.
  • サッカー『レジェンドマッチ』の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 中山雅史がゴールを決めた瞬間 (C)ORICON NewS inc.
  • ラモス瑠偉、中山雅史ら率いるレジェンドブルー (C)ORICON NewS inc.
  • 松永章、宮本恒靖ら率いるレジェンドホワイト (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索