今年の『第56回グラミー賞』で主要部門を独占したダフト・パンクの再ブレイクを筆頭に、ビヨンセ、エミネムといった人気アーティストも、自身のルーツを感じさせる作品を発表。世界の音楽シーンではいま、クラシカルな音楽要素を取り込んだ「オールドスクール回帰」現象が起こっている。

◆1DやEDMの先をい...

この記事の画像

  • 『第56回グラミー賞』で5部門の最優秀賞を獲得したダフト・パンク
  • 『第56回グラミー賞』授賞式にダフト・パンクと共に出席したファレル

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索