• ホーム
  • 芸能
  • スマートフォン時代の写真活用術 センスが光る年賀状アプリ

スマートフォン時代の写真活用術 センスが光る年賀状アプリ

 気づけば2013年もあと半月。街中に輝くイルミネーションに胸を躍らせ、毎週のように忘年会やパーティーに参加したりと、思わず写真に収めたくなるイベントが増えてくるシーズンだ。気軽に写真を共有できることもあり、最近ではスマートフォン(スマホ)での撮影が主流となってきたが、実際はライブラリやカメラロールに入れっぱなしにしている人も多いはず。せっかく撮影したお気に入りの一枚、スマホでつくる『年賀状アプリ』を活用して披露してみてはいかがだろうか。

■女子ウケ抜群の写真加工アプリも「スマホ年賀状」対応に

 本体の普及に伴ない、各社が続々とリリースしているスマホ向けの『年賀状アプリ』。ひと昔前はデジタルに強い人でないと扱えないイメージだったが、最近は初心者でも安心して使えるサービスや、オシャレなデザインが多数展開されている。

 例えば写真を簡単にコラージュして楽しめることで女性から支持が高い写真加工アプリ『Petapic』は、今年から「Yahoo!JAPAN年賀状」と連携してスマホ年賀状サービスを展開中。同サービスでは、「2014年向け年賀状専用テンプレート」や可愛らしいスタンプが用意されており、スマホの写真をアプリに取り込んでデザインを選ぶだけ。そのまま印刷と投函の注文が可能で、指定した住所まで年賀状として送ることができる。

 スマホで年賀状を作成する魅力は、なんといっても“隙間時間にやれること”。電車の中や家事の合間、テレビを見ながら等々、手元にスマホがあればササッと着手できるのは忙しい師走にピッタリ。SNSアカウントを利用すれば、住所を知らない相手にも送ることができる簡便さもポイントで、直感的に操作できるスマホアプリならば、失敗が少なく、パソコンビギナーや機械操作にうとい人でも安心だ。

■相手それぞれにピッタリの「スマホ年賀状」を

 そんな中、「Yahoo!JAPAN年賀状」を展開する国内大手ポータルサイトのヤフーも、博報堂アイ・スタジオと共同で初のスマホ無料アプリ『スマホで年賀状』をスタートした。同アプリは500種類以上の豊富なテンプレートが特徴で、写真や文字の挿入もOKというお手軽さがポイント。

 また、使用するハガキは今回から当せん賞品に現金が加わった「お年玉付き年賀はがき」。新年のあいさつのみならず、“抽せんのお楽しみ”も送ることができる。料金は宛名印刷、投かんまですべて込みで1枚78円から(ハガキ代別)で、リーズナブルな価格設定も魅力となっている。

 近年では、新年の挨拶をメールで済ませる人も増えてきたが、一枚一枚心のこもった年賀状を受け取るのは、やはり嬉しいもの。仕事の上司から学生時代の友達まで、相手に合わせてデザインを変更するなど、年賀状を通じて自分らしいセンスをアピールしてみては?

◆『Petapic』アプリサイトhttp://welovepic.com/petapic/app.php
◆『Yahoo!JAPAN年賀状』公式ページ http://v6.advg.jp/adpv6/r/3wB_BCo
◆『スマホで年賀状』アプリストア【iOS】https://itunes.apple.com/jp/app/id728374868
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.ynenga

【特集】個性がキラリ! スマホで作るオシャレ年賀状アプリ2013


関連写真

  • 『年賀状アプリ』を活用して、今年のベストショットを披露しよう!
  •  写真加工アプリ『Petapic』なら、簡単にオシャレな年賀状がつくれる
  • 女子ウケも抜群! 写真加工アプリ『Petapic』のスマホ年賀状
  • 女子ウケも抜群! 写真加工アプリ『Petapic』のスマホ年賀状
タグ

オリコントピックス