ドラマ&映画 カテゴリ

能年玲奈、『あまちゃん』卒業かみしめる「私の基盤と誇れる作品になった」

 NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(月〜土 前8:00 総合ほか)のヒロイン・天野アキ役の能年玲奈(20)が10日、大阪放送局で制作中の次期連続テレビ小説『ごちそうさん』(9月30日スタート)のヒロイン・卯野め以子役の(27)に“ヒロイン”をバトンタッチした。能年は「『あまちゃん』はこれから先もずっと私の基盤になっていく作品。いつまでも特別でそう誇れるような作品になったと思います」と朝ドラヒロインからの“卒業”をかみしめた。

【写真】その他の写真を見る


 昨年7月に『あまちゃん』のヒロインに決まった能年は、すぐに潜水の特訓を受け、昨年9月から岩手県久慈市の海などで撮影を開始。今年8月1日にクランクアップするまで、病気やケガで穴を開けることもなくヒロインを務め上げた。

 ドラマ自体も初回平均視聴率が関東20.1%、関西14.6%、9月9日までの期間平均は関東20.4%、関西16.5%、最高視聴率は関東23.9%(8月24日)、関西22.1%(9月2日)と高視聴率をあげ、「じぇじぇじぇ」や挿入歌がヒットするなど社会現象を巻き起こしている(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ)。

 能年は「『あまちゃん』という作品が、いちファンとしても大好きで、この作品のヒロインになれたことが、本当に私にとって大事なことでした。これから先もずっと『あまちゃん』が私の基盤になっていくと感じています。これを無駄にしないように頑張りたい」と今後の活躍を誓った。

 『あまちゃん』の最終回(9月28日放送)まで残り3週を切ったが、能年は「北三陸に帰ってきたアキが奮闘していますが、最後まで笑顔で観られるドラマになっていると思います。皆さんに最終回も明るい朝を迎えていただけたらいいなと思います」と見どころを語っていた。

関連写真

  • 主演作『あまちゃん』に対する想いを述べた能年玲奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 杏(左)から能年玲奈に花束が手渡された (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説“ヒロイン・バトンタッチ”セレモニーに出席した(左から)杏、能年玲奈 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

メニューを閉じる