アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 嵐、フジ特番で5人5色の企画に挑戦 二宮はコント初挑戦

嵐、フジ特番で5人5色の企画に挑戦 二宮はコント初挑戦

 人気グループ・が21日、東京・台場のフジテレビで今夏の2週連続スペシャル番組『あたらしあらし』(7月13日・20日放送)の会見を行った。同局の若手ディレクター5人とメンバーがそれぞれ初タッグを組み、それぞれの企画に挑戦する。中でも、本格的なコントに初挑戦する二宮和也(29)は「芸人さんのネタをやらせていただくことはあったけど、一からは初めて。まじめにコントと向き合ってみようと思う」と意気込み。これを聞いた櫻井翔(31)も「二宮くんのお芝居と笑いの掛け算が楽しみ。コントの時の衣装も期待しています」とエールを送った。

 嵐のメンバーには、企画テーマ以外の細かい情報は知らされないまま収録に挑んでもらい、ディレクター陣にも嵐の新しい顔や魅力を引き出してもらうことを目指して、このタイトルになった。番組では、それぞれのソロ企画をまとめたVTRをスタジオで5人そろって鑑賞し、メンバーのリアクションも見どころとなる。

 会見には、各ディレクターと嵐がペアルックで登場。企画内容に即したファッションをディレクター自らコーディネートした。異彩を放っていたのは、黄色のTシャツに黒の短パン、サングラス姿で登場した二宮と入社11年目の鈴木善貴ディレクター(32)。「コント」に挑戦すると発表され、なぜか会場は一瞬静まり返り、鈴木ディレクターも「どんだけコント離れしているだ…」と驚いていたが、二宮は「不安はありますが、乗っかった船ですから任せてみよう」と覚悟を決めていた。

 大野智(32)はブルーの生地に薄いピンク色と緑色でペイントされたつなぎ姿で登場。入社10年目の日置祐貴ディレクター(32)とタッグを組み、「いたずら」をテーマに、最近人気の落書きを通して、大野のアートセンスといたずらな一面を引き出す。大野は「誕生日も近くて、2日だけ先輩。同い年なので面白いことができたらいいな。自分もよく落書きをしていたので楽しみ」と余裕の表情だった。

 櫻井(30)は、同じ生地のピンク色のジャケットとベストに赤のカラーパンツをコーディネート。5人の中では最年少の入社5年目の吉田渉ディレクター(28)が、「芸能界の友達が少ない」「最近、ロケの仕事をしていない」という櫻井の話を聞いて、櫻井がいままでにやったことがないようなロケを企画しているという。初対面の人とどこまで仲良くなれるのか、その様子をのぞき見しながら櫻井の「素顔」を探っていく。櫻井も「高いモチベーションを感じます。僕はそれに乗っかって、いままでテレビで見せることのなかった表情を切り取ってもらおうと思う」と話した。

 相葉雅紀(29)は、麦わら帽子に緑系のアロハシャツ、白の短パン姿でリゾート気分満点。入社10年目の加藤智章ディレクター(31)と「グルメ」をテーマに「おいしものを食べて、おいしいといっていただければ成立する」というゆるい企画に挑戦する。“とれたて食材”を食す弾丸グルメツアーを行う予定だが、相葉は「楽しそうなのはわかるけど、内容が一番薄そうですね。何かありそうだな…」と警戒。加藤ディレクターが「元気にしていていただければ。楽しくやりたいな」と弁解すると、相葉は「設定、低くない?」と会場を笑わせた。

 松本潤(29)は、シャツにベストとパンツのシックなスタイルに、パープルのストールを巻いた一番洗練されたファッション。入社7年目の田村優介ディレクター(29)と「チャレンジ」をテーマに究極のプレッシャーの中でさまざまことに挑戦する。二枚目で非の打ち所がない完璧なイメージにある松本だが、「この5人の中で、とんでもない失敗するのは僕だったりする」と、どんな“プレッシャー”がかかるのかわからないだけに、少し不安げ。それでも「チャレンジに失敗しても成功しても、どっちに転んでも面白いのかな。でも、真剣に取り組みたい」と前向きに語り、「メンバーそれぞれ見応えのあるものになると思う。すごい面白い番組になるんじゃないかな」と笑顔もみせていた。

 『あたらしあらし』は、7月13日(土)午後11時30分〜深夜0時30分、同20日(土)午後11時40分〜深夜0時40分、フジテレビ系(一部地域を除く)で放送予定。

オリコントピックス