• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン】“コミュニケーション力向上”本が好調 2作そろって初TOP10入り

【オリコン】“コミュニケーション力向上”本が好調 2作そろって初TOP10入り

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 「コミュニケーション力」を向上させるビジネス書が好調だ。佐々木圭一氏の『伝え方が9割』(2月28日発売・ダイヤモンド社)が週間1.9万部、齋藤孝氏の『雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール』(2010年4月8日発売・ダイヤモンド社)が週間1.6万部を売り上げ、5/20付オリコン“本”ランキング(総合)部門でそれぞれ8位、10位に登場。どちらも初のTOP10入りを果たし、ジャンル別「ビジネス書部門」で1・2位を独占した。

 『伝え方が9割』は、入社当時に伝え方が得意でなかったという著者が、膨大な量の言葉を研究し「伝え方には技術があり、共通のルールがある」「感動的なコトバは、作ることができる」ことを発見し、その方法を説いている。4/1付で55位と初めてTOP100入り後、7週に渡ってTOP100内にランクイン、前週では17位まで上昇した。

 一方、『雑談力が上がる話し方〜』は、明治大学文学部教授の著者が実際に授業で教えている「雑談力」を身に付ける方法を紹介。学校でも会社でもすぐに使えるアイデアが紹介されている。2010年の発売ながら、今年に入り人気が急上昇。2/4付で76位に入って以来、前週まで15週に渡りTOP100位にランクインしていた。

 人とのコミュニケーションに必要な、聞く力や会話力、そして伝える力。ネットやメールの普及により会話が苦手とする人が増えている現在だからこそ、必要とされている傾向が高まっている。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※2010年10月18日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

声が老けていると損をする? 声のエイジングチェック法 (13年05月08日)


オリコントピックス