アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『おとうさんといっしょ』“なかま”初お披露目 おねえさんはうれし涙

『おとうさんといっしょ』“なかま”初お披露目 おねえさんはうれし涙

 NHK・BSプレミアムで4月7日にスタートする新番組『おとうさんといっしょ』(毎週日曜 前8:00)に登場する“なかまたち”が6日、東京・渋谷の同局でお披露目された。歌うことが大好きな「なおおねえさん」こと安藤奈保子は「小さい頃から『おかあさんといっしょ』が大好きで歌のお姉さんになるのが夢で、これが最初で最後のチャンスだと思ってオーディションに挑みました」と万感の思いがこみ上げ、うれし涙を流していた。

【写真】その他の写真を見る


 地上波で月〜土曜日に放送されている『おかあさんといっしょ』に加え、日曜朝に“イクメン”おとうさんを応援する新しい番組が登場。3〜6歳の子どもとその家族向けに「いっしょパワー全開!」で、親子で楽しめる遊びや歌を届けていく。

 なおおねえさんは、毎回「レオ鉄コンサート」を担当し、『おかあさんといっしょ』で人気の歌や童謡に加え、番組オリジナル曲も続々と披露していく。「小さい頃から公園や自宅のソファーをステージにして、両親が観客になって、歌まねをしていました。私の心の中にたくさんのおねえさんたちが残っているように、今の子どもたちが大きくなっても懐かしく思い出してもらえるようなおねえさんになりたいです」と意気込みを語った。

 おねえさんとコンビを組むのは、遊ぶことが大好きな「せいやおにいさん」こと聖也。「子どもの頃から全力で遊び、木から落ちたりしてケガも絶えないワンパク少年だった」と笑顔を見せた。今はアクロバットを得意とし、番組では4〜5歳向けに開発されたオリジナルの体操「あそびたいそう(第2)」などを担当する。「子どもたちと同じ目線で遊びを教えたり、教えてもらったりして、遊びの輪を広げて行きたい。今の時代に、外で遊ぶことやみんなと遊ぶことの楽しさを知ってもらいたい」と抱負を語っていた。

 また、せいやくんは子どもたちの「遊びたいエナジー」を感じると、「遊び隊士!イチジョウマン7」に変身し、全国のイクメンパパと子どもたちのもとへ駆けつけ、一緒に遊びまくる。

 ほかにも、故障ばかりの蒸気機関車D103がのんびり走る鉄道会社「レオレオれーるうえい」を舞台に、毎日賑やかに暮らしているふしぎないきもの「シュッシュ」(柳原哲也)と「ポッポ」(野口かおる)、そして「パンタン駅長」(岩崎ひろし)が登場し、「ドタバタな日常」と「ちょっと不思議な出来事」を繰り広げる。

 BSプレミアムでは、3月に『おとうさんといっしょ』事前特番を24日(前8:00)、31日(前8:00)の2週にわたって放送する。4月7日以降は毎週日曜(前8:00)放送、毎週土曜(後5:30)に再放送。地上波・Eテレでは毎週土曜 (後 5:25)にミニ版を放送する。



関連写真

  • (左から)なおおねえさん、シュッシュ、パンタン駅長、ポッポ、せいやおにいさん (C)ORICON DD inc.
  • (左から)感極まって涙を浮かべるなおおねえさん、せいやおにいさん (C)ORICON DD inc.
  • (左から)シュッシュ、ポッポ (C)ORICON DD inc.
  • (左から)シュッシュ、なおおねえさん、せいやおにいさん、ポッポ (C)ORICON DD inc.
タグ

オリコントピックス