ドラマ&映画 カテゴリ

韓国俳優のチャン・グンソクと女性グループ・少女時代ユナが24日、都内で行われたドラマ『ラブレイン』(フジテレビ「韓流α」枠)記者会見に出席。劇中で業界屈指の“遊び人”フォトグラファー・ジュンを演じたグンソクは「これまで経験したことのないプレイボーイ役だったので、難しかった」と苦笑い。好きなシーンにはユナ演じるヒロインとのキスシーンを挙げ、「ちっちゃなソファの上で二人でチューするところはドキドキしました」と明かし、頬を赤らめた。 70年代と現代、二つの時代を舞台に、二世代の愛の行方を描くラブストーリー。ジュンと、その父親で美大生・イナの“一人二役”に挑戦したグンソクは「全く正反対の役どころでしたが、同じ作品で違う役を演じられることに大きな意味がある」と満足げ。ヒロインに3秒で恋に落ちてしまう主人公にちなみ、一目惚れの経験を聞かれると「俳優には色々な経験が大事ですが、短い瞬間に愛になったことはない」と語った。

この記事の画像

  • ドラマ『ラブレイン』記者会見に出席したチャン・グンソク(右)、少女時代のユナ (C)ORICON DD inc.
  • 全身ショット (C)ORICON DD inc.
  • ドラマ『ラブレイン』記者会見に出席したチャン・グンソク (C)ORICON DD inc.
  • ドラマ『ラブレイン』記者会見に出席したチャン・グンソク (C)ORICON DD inc.
  • ドラマ『ラブレイン』記者会見に出席した少女時代のユナ (C)ORICON DD inc.

タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索