• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 成宮寛貴、“初共演”市原隼人の俳優魂を絶賛「こだわりの男」

成宮寛貴、“初共演”市原隼人の俳優魂を絶賛「こだわりの男」

 俳優の成宮寛貴市原隼人が12日、東京・NHK放送センターで行われたBSプレミアムドラマ『陽だまりの樹』の初回完成試写会に出席した。成宮は、本作で初共演した市原の印象について「真面目。すごい真面目」と連呼。撮影時を振り返りながら「いきなり突拍子もないことを言ったり、パッとみてわがままに見えるかもしれないんですけど、それは真面目さから来ているもの」と力説し、「市原隼人っていう俳優…、アーティストは“こだわりの男”だなと思います」と絶賛した。

【写真】その他の写真を見る


 成宮の言葉に頬を緩ませた市原も「成宮さんは本当にユーモアがあって常に新鮮。相手を楽しませようっていう気持ちがあって心地良いです」といい、「芝居に対しても責任感があって、ついて行きたくなったり、『こんな自分も見てもらいたい』と思える素晴らしい役者」と感心しきりだった。

 市原は本作で時代劇初挑戦。混沌の幕末を生きる無骨で一本気な武士・伊武谷万二郎を演じるが「役作りで苦労したところはない」とキッパリ。時代特有の所作や言葉遣いを自ら学び「新鮮かつ毎日が発見。殺陣もすごく楽しいし、“武士道”ってなんだろうって考えたら、すごく深くて面白くなってきた」と視野が広がっていったといい「現場を勉強の場としてお借りして、精一杯やらせていただきたい」と意気込んだ。

 情に生きる蘭方医・手塚良庵を演じる成宮は「甘えん坊でチャーミング、ときどき掴みどころのない良庵をしっかり演じたい」とアピール。また、劇中では“説明セリフ”が多いといい、「俳優として色んな引き出しを持ってないといけないと感じた。ポップにスピード感を落とさず、かつ皆さんにわかってもらえるように説明できたら」と笑顔をみせた。

 マンガ家・手塚治虫氏が自らのルーツを描いたとされる長編歴史マンガが初の実写化。幕末から明治維新までの激動の時代に、それぞれの信じた道を歩き、運命に立ち向かっていく二人の若者の人生を描く。ドラマ『陽だまりの樹』はBSプレミアムにて4月6日(金)午後8時より放送。

関連写真

  • (左から)成宮寛貴、市原隼人 (C)ORICON DD inc.
  • 成宮から“こだわりの男“と賞賛された市原 (C)ORICON DD inc.
  • BSプレミアムドラマ『陽だまりの樹』の初回完成試写会に出席した成宮寛貴 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス