• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 市原隼人、“共演犬”シロから大いに学ぶ 「犬って一番の表現者」

市原隼人、“共演犬”シロから大いに学ぶ 「犬って一番の表現者」

 俳優の市原隼人戸田恵梨香らが10月1日、都内で行われた映画『DOG×POLICE 純白の絆』初日舞台あいさつに出席した。警備犬を操る特殊部隊に所属する警察官・勇作を演じた市原は、全編にわたり撮影をともにした犬・シロの登場に「愛しあってます。いないと寂しい」と笑顔。役柄を通し「犬って一番の表現者だと思った」と語り「会いたかったら会いたいって近づくし、嫌だったら行動に出る。ああ、人間もこうやって表現すればいいんだなと。学ぶところがたくさんありましたね」と、役者としての自分を見つめ直した。

【写真】その他の写真を見る


 終始落ち着かない様子で足元を動きまわるシロの体を撫で回しながら、市原は「この映画は、人と人との絆の架け橋になればと思って本気で作りました。何かのきっかけになってくれれば」とアピール。勇作の同僚で紅一点の教育係・夏希を演じた戸田も「夏希は男性たちと同じ立場にたてるように努力してこの仕事をしている。夏希を観て、女性の方に勇気やパワーを与えられたら」と力強く語った。

 舞台あいさつの終盤には、市原と戸田が手作りした犬用特製ケーキをシロにプレゼント。丁寧にケーキを口に運ぶシロを見て市原は「嬉しいっすわ」と大喜び。キャストと観客に後押しされ、シロに続いてケーキを試食したカンニング竹山は「人間としての感想を言ってもいいですか?まずい!」と本音を明かし、会場の笑いを誘った。

 また市原は、東日本大震災により撮影が延期されるなどハプニングがあったことなどを明かしながら、最後に「仕事でも恋でも、誰かのためでも自分のためでもいいので、人生楽しんでください。その人生の中に映画というエンタメがあって、さらに『DOG POLICE』が入っていてくれれば」とメッセージを送った。なお、この日の舞台あいさつには時任三郎村上淳阿部進之介、七高剛監督も出席した。

関連写真

  • 市原隼人と“共演犬”のシロ (C)ORICON DD inc.
  • 市原隼人&戸田恵梨香 (C)ORICON DD inc.
  • 七高剛監督、阿部進之介、時任三郎、シロとトレーナー、市原隼人、戸田恵梨香、村上淳、カンニング竹山 (C)ORICON DD inc.
  • 市原隼人 (C)ORICON DD inc.
  • 戸田恵梨香 (C)ORICON DD inc.
  • 時任三郎 (C)ORICON DD inc.
  • 村上淳 (C)ORICON DD inc.
  • 阿部進之介 (C)ORICON DD inc.
  • 左から犬のシロ、市原隼人、戸田恵梨香 (C)ORICON DD inc.
  • 犬用ケーキを試食するカンニング竹山 (C)ORICON DD inc.
タグ

オリコントピックス